家庭ゴミを減らす工夫!エコバッグでお買い物!使い方と活用術

できるだけ環境に負担をかけない暮らしをはじめるにあたって生活の中に取り入れやすいものといえばエコバッグ。

英語ではReusable Bag: 使い捨てではなく何度もくり返し使えるバッグという意味になります。

わが家でもエコバッグを使いはじめてからかれこれ5年くらい。買い物だけではなく今では生活のあらゆる面で役立つ便利グッズとなり、すっかりその魅力に取りつかれてしまいました。

オーストラリアではスーパーマーケットや薬局、本屋などで$1~$3前後で売られているので気軽にお手頃価格で買えることも魅力のひとつです。

一方で「エコバッグを使うこと=なんとなく恥ずかしい」といったイメージも。

エコバッグは恥ずかしくないよ、楽しいよ!というわけで、買い物はもちろんアイデア次第でいろいろ使える便利なエコバッグについてまとめてみました。

スポンサーリンク

わが家のエコバッグ・マイバッグ事情

食材や日用品はちょこちょこ買いではなく週末にまとめ買いするのでエコバッグは多めに持参します。

今使っているのは5年ほど前にColesスーパーマーケットで購入したジュート(麻)素材のやや大きめサイズ。

素朴な地球の絵とThank youふきだしが可愛らしいお気に入りです。

Coles Reusable Bag1

横面はこんな感じ。底面がやぶれているけれどまだまだ使えそうです。

Coles Reusable Bag2

中には品物を入れるエコバッグを収納。形や素材はいろいろ。週末のまとめ買いには底が広くて丈夫なタイプが一番です。

Coles Reusable Bag3

買い物以外には野菜や衣類、雑誌や小物などの収納として活躍しています。

エコバッグのメリット

  • 持ち手がしっかりしているので運びやすい
  • 丈夫でやぶれにくい
  • オシャレで可愛いものが多い
  • ガサガサ・フワフワと散らばるレジ袋を片づける手間と時間が省ける
  • レジ袋ゴミが減る
  • ポイ捨てレジ袋を飲みこんで死亡する動物や魚が減る
  • レジ袋製造に使われる原油の節約
  • レジ袋焼却時に発生する排気ガスが減る
  • 特典やポイントをもらえることがある
  • 多目的に使えるので便利

などなど。

エコバッグのデメリット

  • 持ち歩くのが面倒
  • 持って行くのを忘れる
  • 荷物が増える
  • 素材によって長持ちしないものがある
  • レジ袋のように無料ではない

などなど。

エコバッグ VS レジ袋

Coles Ecobag

今では生活に欠かせないエコバッグ。こんなわが家にも食パンの袋や予定していなかった買い物でもらったレジ袋などが存在します。

スポンサーリンク

レジ袋の量を減らすために

  • ジップロックなどを洗ってくり返し使う
  • 突発的な買い物に備えて常にエコバッグを持ち歩くように心がける
  • 食パンの袋はリサイクル

など、いろいろと試行錯誤しているものの家からビニール袋がなくなることはありません。

塗れた衣類を入れたり、ゴミを入れたりとなんだかんだ便利なので「エコバッグは天使・レジ袋は悪魔」と白黒ハッキリさせることができない感じです。

5年も愛用しているのに「そもそもエコバッグって本当にエコなの?レジ袋ってそんなに悪なの?」と思ってしまうこともあります。

使い方次第

そもそも本当にエコなの?と思ってしまう主な理由

  • トレンドはこのオシャレエコバッグよ的な風潮がある
  • ものすごい高額な値段がつけられていることが多い

一部ではエゴバッグとも呼ばれるそう。持ち歩くなら好きなもの、ステキなデザインを選びたいのは当たり前です。

思わず使ってみたくなるようなデザインやお気に入りを見つけたときは嬉しくなるし、実際に使うときはなんとなくウキウキした気分に。

楽しい、嬉しいといった純粋な気持ちはエコバッグを生活の中に浸透させるために大切な要素だと思います。

ただ、流行りが終わってしまえば捨てたり、使うこと自体をやめてしまうことはなんとなく本末転倒な気がしてならないのです。

エコバッグを製造するにも資源やエネルギーが使われているので「流行に合わせて買っては捨てる」をくり返していたらエコ面が薄れるのではないかと。結局エコバッグでもレジ袋でもどっちでもいいよね?となりそうな気がします。

ゴミを減らすために

こんな風に使ったら本来の目的「くり返し使う=ゴミを減らす」につながるポイントです。

  • 使っている・持っていることだけに満足しない
  • レジ袋のように使い捨てせず何度もくり返し使う
  • 機能性もデザイン性も本当に長く使っていきたいと思えるものを選ぶ
  • どうしても不要になったらゴミとして処分せず誰かに譲る・寄付する・売る
  • リサイクルできる素材ならリサイクルゴミとして処分する

プラス

  • もらったレジ袋をポイ捨てしない
  • レジ袋を再利用する

も大切なポイントではないかと。

まとめ

わが家にもこの先くり返し使っていくことを考えるとすでに一生分と思えるほどたくさんのエコバッグがあります。

プレゼントやお土産としていただいたもの、旅の思い出にその土地で買ったもの、自分で作ったものなどボロボロになるまでとことんつき合っていきたいと思うものばかりです。

ゴミを減らすために有効なエコバッグ。それ自体が大量のゴミにならないようにしたいです。

麻エコバッグ大好き。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです