Tシャツリメイクで手作り小物!保冷保温エコバッグの作り方

有効活用しようと長い間保管しておいた古着や余り布。

その中でも数が多いTシャツを再利用して作った超簡単バッグ簡単トートバッグは、思っていた以上に可愛い仕上がりで実用性も抜群です。

まだ何枚か残っている古着Tシャツ。Tシャツリメイクバッグはたくさん作ったので何か別のものを作ってみたいなぁと思い、今回は応用編として保冷・保温バッグにリメイクしてみることに。

多少失敗したものの、初心者なりに工夫しながらなんとか作ることができた保冷・保温エコバッグ。夫からも「もっと作って欲しい!」とリクエストがあり、作ってよかったなぁと感じています。

前回作ったのは大きめサイズの保冷・保温バッグ。今回はちょっとしたお出かけ用の小さめサイズを作ることにしました。

着なくなったTシャツやなかなか捨てられないお気に入りTシャツが便利な保温・保冷バッグに大変身!

古着Tシャツを再利用して作る保温・保冷ミニバッグの作り方・リメイク方法をご紹介します。

スポンサーリンク

お気に入り古着Tシャツ再利用

姉のオランダ土産ミッフィーTシャツ。

どうしても捨てることができないお気に入りのTシャツです。

確か2005年なのでかれこれ10年前。

生地はかなり厚め。スウェットみたいなジャージみたいな感じの生地です。

Make A Cooler Bag From A Tshirt1

Tシャツリメイク保冷・保冷バッグの作り方

手順は保冷・保温エコバッグとTシャツリメイクトートバッグを混ぜ合わせた感じです。

1. Tシャツを切る

  • Tシャツ全体のシワを伸ばす
  • 8cm~10cmくらいの幅(=持ち手として使う部分)で裾を切る
  • 袖・両端を切る

Make A Cooler Bag From A Tshirt2

さらに襟ぐりもバッサリ切ります。

必要に応じてバッグ本体部分の大きさも調整。

絵柄と生地のバランスを見ながらTシャツの裾部分をさらにカットしました。

Make A Cooler Bag From A Tshirt3

2. バッグ本体生地の底を縫う

  • バッグ本体生地を中表(表面を内側)に合わせる
  • 底を縫う
  • 端を切って整える

Make A Cooler Bag From A Tshirt4

開くとペロンと一枚布状態になります。

Make A Cooler Bag From A Tshirt5

3. アルミシートのサイズを計算する

  • バッグ両脇の縫い代→3cm(1.5cmずつ三つ折り)
  • バッグ上側(=持ち手をつける部分)の縫い代→4cm(2cmずつ三つ折り)

としてステップ2で準備した本体生地サイズから逆算しました。

ステップ2で準備した一枚布のサイズは縦: 56cmくらい 横: 33cmくらい。

  • 本体生地の短い方(今回の写真では横の長さ) 33cm-3cm-3cm=27cm
  • 本体生地の長い方(今回の写真では縦の長さ) 56cm-4cm-4cm=48cm

といった感じでアルミシートサイズを算出しました。

4. バッグ本体とアルミシートを重ねる

Make A Cooler Bag From A Tshirt6

  • バッグ本体生地の裏面を上にして置く
  • アルミシートの表面を上にして置く
  • 写真のように上下左右の縫い代を残してアルミシートをバッグ本体生地の上に重ねる
  • アルミシートを巻き込みながら三つ折りしてクリップで留める

5. バッグ本体とアルミシートを縫い合わせる

  • ステップ4で重ね合わせたバッグ本体生地とアルミシートを2つに折る(中表)
  • 両脇を縫う

Make A Cooler Bag From A Tshirt7

スポンサーリンク

縫い終わり。

Make A Cooler Bag From A Tshirt8

6. マチをつける

Make A Cooler Bag From A Tshirt9

マチをつけるかどうか全体のバランスを見るために一度表に返します。

  • 生地が分厚い
  • マチなしでも十分物が入る大きさ

ということで今回はマチをつけないことにしました。

マチのつけ方

  • マチ幅を決める
  • 線を引く
  • 線の上を縫う
  • 三角を切る

こちらのページで写真つきで解説しています。

7. バッグ上側を三つ折りする

Make A Cooler Bag From A Tshirt10

バッグ上側部分を三つ折りします。

Tシャツ生地が厚いため、この時点ですでに三つ折りすらできないくらいの厚みに。

どうしよう!と一瞬焦ったけれど仕方がないので分厚くなっている部分を切り落とした後、二つ折りにすることにしました。

8. 持ち手を作る

本来はステップ1で準備した持ち手用の生地を

  • 縫い代1cm~1.5cmくらいを内側に折り込む
  • 中心から半分に折る
  • 重ねた部分を縫い合わせる

といった手順で持ち手を作るべきところ。

前ステップでの失敗に動揺してしまい、代わりに日本に帰ったときにダイソーで買った「かばんテープ」を使うことにしました。

9. 持ち手をつける

ミッフィーのふるさとオランダ国旗を意識。可愛い。

Make A Cooler Bag From A Tshirt11

  • 持ち手を作る手間が省ける
  • 取りつけが楽
  • 見た目がいい

と便利すぎるかばんテープです。かばんテープ最高。

出来上がり

Make A Cooler Bag From A Tshirt12

  • ミッフィーが真ん中じゃない
  • 持ち手が微妙にズレている
  • 分厚くて三つ折りできなかった

など前回に引き続き、ちょっと悔しい結果となったけれど全体的に満足な仕上がりです。

まとめ

小さなジュースやヨーグルト、スプーン・フォークセットなども入るちょうどいい大きさで見た目も可愛いのでとても気に入っています。

おでかけ用に冷蔵・冷凍していた息子のジュースは時間が経ってもひんやり。

長年大切に保管していたお気に入りTシャツが可愛くて便利な保温・保冷バッグとしてよみがえったので嬉しいです。

作ったばかりのときは「あぁ失敗したかなぁ」と思ったけれど、いざ使ってみると失敗点は全然気になりません。

初心者なので細かいことはあまり気にせず、ちょっと適当に大胆にいろんな手作りにチャレンジしないと。

【追記】Tシャツリメイク関連ネタまとめ

そろそろ基礎も学ばないと。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです