手作りコスメ!オリーブオイルまつげ美容液のレシピ・作り方

料理やスキンケア、石けん作りなどわが家で大活躍中のオリーブオイル。

オリーブオイル(キャスティール)石けんを作って以来、今さらながらオリーブオイルのよさを実感しました。

あまりにも身近すぎて今まではその魅力に気がつかなかった感じです。

わが家になくてはならない存在のオリーブオイルが実はまつげケアにもいいらしいとの情報を発見。

まつげの抜け毛がずっと気になっていたのでお手入れをしてみようと思い、まつげ美容液的なものを作ってみました。

スポンサーリンク

まつげのお手入れによいといわれるモノ・コト

早速リサーチ。

  • オイル(オリーブオイル、スィートアーモンドオイル、キャスターオイル、エミュオイル、ビタミンEオイルなど)
  • ワセリン(ヴァセリン)
  • リップバーム
  • ブラッシング など。

どうやらまつげの根元をしっかり保湿することがポイントらしいので、オリーブオイルに限らず保湿できるものならなんでもよさそうな印象です。

髪の毛と同じで内側からの栄養補給も大切なんだそうです。

早速オリーブオイルを塗ってみた

綿棒ではなく指でまつげの根元にオイルを塗ってみたところ、早速目に入ってしまいました。しみる。

  • ごく少量でいいのにオイルがドバッと必要以上に出る
  • 綿棒ゴミが出る
  • 手が油っぽくなる
  • オイルが目に入る

とオイルのままだと使い心地があまりよくないと感じました。

綿棒を使えばいいだけの話だけれどゴミも減らしたい。

使い心地をよくするために塗りやすい形状のまつげ美容液的なものを作ることにしました。

なんちゃってまつげ美容液の材料・分量

  • オリーブオイル 大さじ1
  • ミツロウ 小さじ1

もっと柔らかめにする場合は、オリーブオイルを大さじ1.5~2杯にするなど調整します。

それにしてもミツロウって便利。

費用

  • オリーブオイル(500ml入り$4.69) 約15ml → 約$0.14
  • ミツロウ(50g入り$6.10) 約5g → 約$0.61

合計 約$0.75

なんと$1以下!

作り方

作り方は練り香水ヴェポラッブ風バームと同じ要領なので簡単。

今回はエッセンシャルオイルを使わないので

  1. ミツロウとオイルを溶かす
  2. 容器に移す

以上です。作ろうと思い立ってから5分もかからず出来上がりました。

Eyelash Balm

スポンサーリンク

手作りまつげ美容液の使用感

  • 使用量の調節が簡単
  • 手が油っぽくならない
  • 根元までしっかり塗ることができる
  • ついでにリップや乾燥が気になるところにも使える
  • まつげがしなやかになった気がする

オリーブオイル特有の香りはなく、どちらかといえばミツロウのちょっと甘い香りがします。

使いはじめてから約3週間。

長くなったかどうかは分からないけれど、全体的にまつげがしなやか&つややかになりました。

まとめ

今まで気がつかなかったオリーブオイルの魅力。

わが家の生活に欠かせないオイルとなり、なんとなく地位が高くなりました。

  • 石けん作り
  • クレンジング(ちょっと重いけど)
  • ヨーグルトなどと混ぜてスペシャルケア
  • ワンコのサプリメントとしてご飯に混ぜる
  • 人間及びワンコの肌荒れやかゆみ対策 など。

匂いや使用感などを気にしなければ、これ1本で全身お手入れできるんじゃないかと。

バルサミコ酢と混ぜてちょっとパンにつけてみたり、野菜の煮込みに、ローストベジタブルに。

料理があまり得意とはいえないわたしでも「それっぽい」感じの料理を作ることができます。もっと料理好きにならないと。

これからもオリーブオイルの魅力を追求していきたいと思います。

【追記】節約美容関連ネタまとめ

オリーブオイル最高。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです