万能ココナッツオイルを食べる!肌に塗る!使い方・活用方法を検証

練り香水やいろいろ万能バームなどを手作りするようになってから「いつか材料として使ってみたいなぁ」とずっと気になっていたのはココナッツオイル。

オイルやジュース、パウダー、フレークなどどこに行ってもココナッツだらけ。大人気です。

わが家でよく使うのはココナッツミルク。タイカレーを作ったり、スムージーにちょろっと入れたり、最近は手作りシャンプーの材料にしたり。なんだかんだと活躍中です。

ちょうど石けん作りのためにココナッツオイルを買ったので流行に便乗していろいろ使ってみることに。

健康にも美容にもいい万能オイルといわれる大人気のココナッツオイル。

その万能ぶりを検証するため食べて・塗っていろいろお試し。使い心地や感想などをまとめてみました。

スポンサーリンク

ココナッツオイル

どんだけすごいんだ?ココナッツオイル。

そう思いながら検索してみたところ情報がいっぱい。情報がありすぎてよく分からない。

要は「健康にも美容にもよくていろいろ使える万能オイルだよ」ってことみたいです。

  • ダイエット
  • 便秘対策
  • すり傷や肌荒れなどのケア
  • ニキビのお手入れ
  • 保湿
  • ヘアケア
  • ボディケア
  • 赤ちゃんのスキンケア
  • ペットのスキンケア
  • ペットのサプリメント
  • 手作りコスメの材料
  • 家具のお手入れ

などなどなどなどなどなどなどなどなどなどいっぱい。

101通り使っている方もいらっしゃる。

『Wellness Mama』101 Uses for Coconut Oil

ものすごい万能ぶりです。いろいろ使えるってのはポイント高い。

万能なのは分かるけれど大切なのは使い心地。わが家ではこんな感じで使ってみました。

手作りココナッツオイル石けん

洗浄力抜群らしいココナッツオイルベースの石けん。

オリーブオイル石けん(キャスティール石けん)を作ったついでに手作り洗濯洗剤や洗濯前の部分洗い用にココナッツ100%石けんを作ることに。

Coconut Oil

材料・分量

手や顔には使わない予定なので、ものすごい適当レシピです。

  • ココナッツオイル 300ml
  • 苛性ソーダ 約40g
  • 精製水 90ml

ちょうど苛性ソーダが40gくらい残っていたので全部使い切りました。

仕上がり

息子が昼寝している間に急いで作ったのでシャカシャカする時間が足りず、とろみがないまま型入れ。

そのまま放置していたら1週間くらいで固まりました。

憧れの真っ白な石けん。

Coconut Oil Soap

何かに似ていると思ったら一反木綿(いったんもめん)。熟成まであともう少しです。早く使ってみたい。

Coconut Oil Soap Ittanmomen

食べる

石けんを作った後、少し残っていたココナッツオイルを食してみることに。

試したこと

  • コーヒーの香りづけ
  • ココナッツオイルトースト
  • ココナッツオイル+ハチミツトースト
  • そのまま

感想

  • 香り高い
  • ほんのり控えめな甘さ
  • すごくおいしいわけではない
  • ココナッツというより油の味がする

お腹が弱い人は注意

お腹を壊した、ということに後から気がつきました。

・1日目

  • 小さじ1杯程度をコーヒーに入れて飲む
  • 心なしか胃が気持ち悪い&ちょっとお腹が痛い気がするけれど気のせいだと思って無視

・2日目

  • 小さじ1杯程度をコーヒーに入れて飲む(午前)
  • 1日目と同じくちょっと気持ち悪さを感じる
  • 気持ち悪さがおさまったので小さじ1杯程度をトーストにのせて食べる(午後)
  • お腹がぐるぐる・キュンとした痛みを感じて「もしや」とココナッツオイルを疑いはじめる

・3日目

  • 「もしや」と思いつつも小さじ1杯程度+ハチミツをトーストにのせて食べる(午前)
  • お腹の痛みがやや激しくなる
  • 「間違いない」という確信に変わり、最後の確認をするため小さじ1杯程度をそのまま食す
  • かなり衝撃的な痛みを感じてやっとインターネット検索
  • 人によってはごく少量でも下痢や腹痛を起こすらしいことを知る

こんな感じでお腹が大変なことになりました。

あぁ、おそろしや。ラベルに注意書きを記載してくれ。

ワンコのサプリメントとしても考えたけれど、万が一お腹を壊したら怖いのでオリーブオイルをワンコのサプリメントとして使っています。

なんだか残念。少しずつ慣れていくらしいので気が向いたらまた食べてみようと思います。

塗る

お腹を壊したので食べるのはやめて、残りのココナッツオイルはスキンケアなどに使ってみることにしました。

メイク落とし

顔全体にオイルをなじませてクルクルしながらメイク落とし。

  • サラサラしている
  • ベタベタしない
  • 汚れがしっかり落ちる
  • 瓶なのでオイルの量の調節が難しい
  • 鼻に近いので香りが強い・ちょっと甘すぎる感じ
  • アプリコットカーネルオイルに比べると弾力性やクッション性が劣る

保湿・マッサージ

引きつづき夜だけ肌断食中なので朝のスキンケアや週末のスペシャルケアなどに。

スポンサーリンク
  • 肌に浸透するまでに時間がかかる気がする
  • 肌が塗れているときの方が肌なじみがいい
  • もう少し保湿力が欲しい

乾燥肌のわたしにはちょっと物足りない保湿力といったところ。

肌がしっとりするアプリコットカーネルオイルの方が好きです。

ボディケア

  • ベタベタしないので使いやすい
  • 鼻から離れているので香りがちょうどいい

ボディケアとして使っていきたい気分です。

ヘアケア

トリートメントとして毛先につけてみたり、手作りシャンプーやコンディショナーに混ぜてみたり、いろいろ実験。

  • サラサラヘアというよりオイリーヘアになる
  • 量を控えめにしてもオイリーになる気がする
  • 長い間髪を洗っていないかのような状態になった

特にオイリーヘアではないのになぜかオイリーに。

よくツヤツヤ・サラサラの髪になるとか聞くけれど、みんなオイリーにならないのだろうか不思議です。

サラサラしているとはいえ、やっぱりオイルはオイルだねぇと実感。

そんなわけでヘアケアはなし。

息子と夫

息子は塗らしたタオルにちょっとココナッツオイルをつけて顔についた食べ物をふき取ったり、おしりを拭いたり。

夫は乾燥が気になる部分に塗っています。

  • 皮膚をこすらずに汚れを落とせる
  • 甘い香りがするためか息子が嫌がらない
  • 一切スキンケアをしなかった夫がたまにスキンケアをするようになった

使いやすい!ココナッツオイルスプレー

残っていたオイルも使い切ってしまったので次回の石けん作りの際にまた購入しようと思っていたら、ココナッツの香りが大好きな夫がスキンケア用に欲しいと言い出しました。

夫のリクエストから

加齢も気になるお年頃なので「そろそろ自分もスキンケアしようかなぁ、ココナッツオイルなら使ってもいいなぁ」と。

でも「オイルのままだと使いづらい、手もヌルヌルするからスプレータイプにしてくれ」と。

こういうのが最高に面倒くさいと無視しつつも

  • 塗れている状態の肌にオイルをのせるとピタッとなじむ
  • オイルの後に化粧水でも化粧水の後にオイルでもどちらでもピタッとなじむ

とよく考えてみると理にかなっている気がしてきました。

ならばオイルと水分を一緒にしてしまえ、ということで夫のリクエスト通りスプレーを作ることに。

Coconut Oil Spray

作り方

ココナッツオイルと精製水と1:1の割合で混ぜるだけ。

使う前にシャカシャカふって手の平にスプレーするとオイルと水が程よく混ざった美容液っぽい感じになります。

メリット・好きポイント

  • 化粧水を使わなくても肌にしっとり・ピッタリなじむ
  • 顔も体も「これ1本でOK」みたいな感じになる
  • オイルだけ使うときよりも浸透が早い気がする
  • オイルだけ使うときよりも香りが控えめでちょうどいい感じ
  • 使用量の調節が簡単

デメリット

  • スプレーしても化粧水のように全体に広がらない(そのため一旦手の平にスプレーすることになる)
  • ある温度になるとココナッツオイルが固まってスプレーできない

最近涼しくなってきたのでココナッツオイルがよく固まり、スプレーできないどころかオイル自体が出てこない状態です。意味なし。

使いやすい!のはあたたかい時期限定って感じなので、固まらないアプリコットカーネルオイルでも同じものを作りました。

ポンプやジャータイプに入れ替える方が使いやすいかもと思いつつ、入れ替えても固まるときは固まるのでどうしたもんかといろいろ検証中。

まとめ

ずっと気になる存在だったココナッツオイル。

「石けん作り・食べる・塗る」と一通り試すことができて大満足です。

  • お腹を壊した
  • 温度によって固まって使いづらい

といったあたりがクリアできたら嬉しいなぁと。もう少し使いつづけて様子を見てみようと思います。

オリーブオイルやアプリコットカーネルオイルに続いてわが家の定番になりそうな予感。

【追記】節約美容関連ネタまとめ

オーガニック。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです