地球環境にやさしいエコな生活をしたい!ごみゼロって何?

ちまたで話題の断捨離(だんしゃり)チャレンジから約1年。

これでもかというほどものを減らした結果、今度は「捨てる・片づける・ものを持たない」といった言葉にモヤモヤを感じるようになりました。

そもそも断捨離をはじめたきっかけは、ゆっくり少しずつでもよいからできるだけゴミを出さない生活(ゴミゼロ/Zero Waste/ゼロウェイスト)を実現するため。

その最初のステップとして生活に必要なものを見直してReduce(減らす)必要があったからです。

好きなもの・大切なものは無理して捨てなくてもいいと分かった。自分たちの暮らしに必要なものや必要な量もなんとなく分かった。

そろそろ次のステップに進む時期ではないかと思いはじめた今日この頃です。

スポンサーリンク

読書感想文~『Zero Waste Home』を読んで

辞書みたい。大事なポイントが多すぎて付箋だらけです。

概要

著者はフランス出身のBea Johnsonさん『Zero Waste Home』

もともと大邸宅に住み、まさにアメリカンドリーム的な感じの典型的なお金持ちライフを送っていたそう。定期的にスパに行ったり、高級レストランに行ったり、指輪のダイヤをもっと大きいのにしてぇとねだったり。

ダイヤにはあまり興味がないけれどお金持ちと結婚できたことが純粋に羨ましい。

Not so long ago, things are different: I owned a three-thousand-square-foot home, two cars, four tables, and twenty-six chairs. I filled a sixty-four-gallon can of trash weekly.

スポンサーリンク

椅子26脚ってのがまたすごい。ちなみにわが家の椅子は家全体で3脚くらいです。

その後次第にアメリカンドリーム的な生活に疑問を感じるようになり

  • 小さめの家に引越し
  • くり返し使えるものを使う
  • 容器持参で量り売りで購入

など生活のあらゆる場面で徹底的に5R(Refuse/Reduce/Reuse/Recycle/Rot)を実践したところ、一家4人が出すゴミの量はなんと年間1クォート(約1リットル)のみに。

出世街道まっしぐらだったご主人は会社を辞めて起業。2人のお子さんは私立の学校から公立の学校へ。贅沢な生活はできないけれど家族みんなで過ごす時間が増えてより健康的になったそうです。

感想

  • 実用的
  • キッチン、バスルーム、ベッドルーム、家事全般、贈り物アイデアなど生活のあらゆる面をカバー
  • カテゴリー別にまとめられているので求めている情報をすぐ見つけることができる
  • 参考になる手作りレシピやアイデアいっぱい
  • 家の中にゴミ・無駄を持ち込まない徹底ぶりと執念がすごい
  • なんとしてもゴミゼロに!という強迫観念が見え隠れする
  • どこまでできるかチャレンジしてみたくなる
  • 物欲がある自分には実現不可能だと思う部分もある
  • 自分ならそこまでしないかなと思う部分もある

一家のライフスタイルに対する意見はさまざまで「やりすぎ」という人もいれば「トイレットペーパー買って肉食べて飛行機にも乗ってるならまだまだ甘い」という人もいるそう。

まぁ人それぞれってことで。

家族構成や好み、出身地、居住地域などが異なれば実践方法も異なるのではないかと。答えは1つではないと思います。

レシピを参考にパンケーキを作ってみたら簡単で美味しかったです。

ゴミゼロ/Zero Wasteは本当に実現可能?

ゴミゼロ/Zero Wasteという言葉をはじめて聞いたときの率直な感想は「そんなの絶対無理」でした。

おそらくわたしはゴミや無駄を完全にゼロにすることはできないだろうなぁと。

どうやったらゼロになるの?と思ったら『Zero Waste Home』の中に発見。

This is not a book about achieving absolute Zero Waste. Considering the manufacturing practices in place, it is evident that absolute Zero Waste is not possible today.

現代の生産活動を考えれば絶対的なゴミゼロなんて無理とありました。

やっぱり完全にゼロにすることは無理ってことで。

ゴミゼロ/Zero Wasteって結局何?

ゴミや無駄を完全にゼロにすることができないならゴミゼロ/Zero Wasteって結局なんなんだろう。

あきらめが早い性格ゆえ「こんなことやってられるか」と途中で投げ出す可能性大なので次のステップに進む前にしっかり理解しておこうと思います。

『Zero Waste Home』によると

Zero Waste is an idealistic goal, a carrot to get as close as possible.

Zero Wasteは理想主義的な目標だそう。

Johnsonさん一家の影響でゴミゼロ生活をはじめたLauren Singerさん『Trash is for Tossers.』によると

These should be repeated periodically as the path to zero waste is never-ending.

Zero Wasteに終わりはないそう。

まとめ

「次のステップへ」と言いつつ、ゴミゼロなんて絶対無理に決まってると思っていたのも事実。

そんなわけでゴミゼロ/Zero Wasteとは「ゴミゼロ・無駄ゼロに限りなく近づくための哲学的なものでありライフスタイルのひとつ」と考えることにしました。自分に都合よく解釈した、みたいな。

次はこのライフスタイルを実現するための具体的な方法を考えていこうと思います。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです