オーストラリアの人気アロマ!ユーカリオイルの効果や効能・使い方

スーパーマーケットで必ずといっていいほど見かけるアロマオイルといえばラベンダー、ティーツリー、そしてユーカリ。

この3種類の精油は酢や重曹、オリーブオイルなどと同じく「生活に欠かせない・ないとちょっと困る系」のわが家の定番自然素材でもあります。

その中でも最近「こいつはなかなかのやり手だな」と感心することが多く、着実にその地位を上げているのはユーカリ。

今回はわが家で大活躍中のアロマオイル「ユーカリ」の活躍状況をここにまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

ユーカリといえばコアラ

ユーカリといえばコアラ。コアラといえばオーストラリア。

コアラの主食ユーカリはオーストラリア原産の植物。ティーツリーやレモンマートルなどと並んで古くから先住民アボリジニによって万能薬として用いられてきました。

動きが緩慢でいつも寝ているイメージがあるコアラ。

  • ユーカリの毒性が強い → 解毒に20%近くのエネルギーを費やす
  • ユーカリの栄養価が低い → もともとエネルギーが少ない

といった理由から無駄なエネルギーを消耗しないためにゆっくり動いたり、1日20時間近く眠ったりする必要があるそうです。

省エネコアラ。

オーストラリアのユーカリ

今では南米やヨーロッパ、アフリカ、アジア地域など世界中で生産されているユーカリ。

オーストラリアでよく見かけるメジャーなユーカリオイルといえばおそらくこの2つではないかと。

『Thursday Plantation』

『Bosisto’s Parrot Brand』

どちらかといえばThursday Plantationはティーツリー、Bosisto’sはユーカリといったイメージがあります。

特に強いこだわりがあるわけではないけれど、わが家では瓶入りのThursday Plantationをよく使っています。

Kills 99.9% of household germs

ウェブサイトには「99.9%細菌を除去」と記載あり。やるねユーカリ。

Eucalyputus Oil1

ユーカリオイルの種類

その数はなんと600種類以上にものぼるといわれるユーカリの木。

その中でもエッセンシャルオイル/アロマオイル/精油として活用されているユーカリの種類は

  • ユーカリグロブルス(ブルーガム) → 一般的
  • ユーカリラディアータ → ちょっとやさしめ
  • ユーカリキトリオドラ → ちょっとフルーティー

などなど。

まだグロブルス(ブルーガム)しか使ったことがないので他の種類も使ってみたいです。

『All About』ユーカリの精油いろいろ

ユーカリに期待できる効果・効能

  • 抗菌・殺菌
  • 抗炎症
  • 抗ウイルス
  • 鎮静・鎮痛
  • 花粉症や鼻炎などによる不快感の緩和
  • のどの痛み・風邪対策
  • 虫刺され・傷の緩和
  • 筋肉のコリや痛みの緩和
  • フケ・かゆみ対策
  • ニキビ対策
  • 虫除け対策
  • 空気清浄
  • 洗濯物のシミや黄ばみ

などなど。マルチプレーヤーです。

『Timeless Edition』ユーカリの効能|アロマオイル・精油・エッセンシャルオイル紹介

香り

グロブルス(ブルーガム)しか使ったことがないので他は知らないけれど

  • スッキリ
  • クール
  • クリア
  • ミントじゃないけれどミントの仲間風
  • 殺菌消毒してますよ的な清潔な香り

といった感じ。

気分や体調によって「ちょっと今日はキツイかな」と感じる日もあります。

注意点

基本的な注意事項

  • 飲まない
  • 直接肌に塗布しない
  • 直接匂いをかがない
  • ボトルを鼻に近づけすぎない
  • 子どもの手の届かないところに保管

子どもとユーカリ

cineol1.8(1.8シネオール)を多く含むため刺激が強すぎるといわれるユーカリ。

風邪・鼻づまり対策としてヴェポラッブ風バームを作ったときに調べてみたところ

  • 2歳未満には使用しない
  • 10歳未満には使用しない
  • 12歳未満には使用しない
  • 12歳未満には直接肌に塗布しない
  • 肌に原液を塗布しなければ大きな問題なし

などいろんな情報がありすぎて余計に分からなくなりました。

結局は自分の判断と思ったので、自分の中である程度線引きしながら家の中で使うことにしています。

エッセンシャルオイル(精油)の希釈濃度

顔用か?体用か?など用途によって違いはあるものの、希釈濃度は海外では2~3%、日本では1%といわれています。

「精油 濃度 計算」「アロマ 希釈濃度 計算」といったキーワードで検索すれば計算方法を説明している便利なサイトが見つかると思います。

ちなみにわが家では

  • 1滴=0.05mlくらい
  • 顔につけるもの=1%くらい
  • 体につけるもの=1~2%くらい
  • 顔や体につけないもの=2~3%くらい
  • ワンコ=人間よりかなり少なめ・0.1%以下

といった感じでザザッと計算しています。

ユーカリオイルの使い方・活用方法

Thursday PlantationとBosisto’sのウェブサイト以外でよく参考にしているのはこちらのサイト。

『Eucalyptusoil.com』Bosisto’s Handy Hints Eucalyptus Uses

わが家のユーカリ活用方法はこんな感じ。

洗濯

手作り洗濯洗剤の材料として使っています。洗浄力が高いので洗濯前のシミ抜きや汚れ落としにも便利です。

スポンサーリンク

手作り粉末洗濯洗剤

手作り液体洗濯洗剤

やさしい香りが欲しいとき

レモンやラベンダーの香りも好きだけれど「洗濯した」達成感を一番感じるのはユーカリ。

洗い上がった衣類にもう少しやさしい香りをつけたい気分のときはレモンやラベンダーを数滴たらしたタオルやタオルハンカチをタンスの中に忍ばせておくとプーンといい匂いがします。

わたしは着替えが入っている息子のキンディバッグにもそっと忍ばせています。

トイレ掃除

基本的に便器は酢と重曹、便座やタンク周辺、床は手作りユーカリスプレーで掃除しています。重曹を使い切ったらよりパワフルな炭酸ソーダを使う予定です。

簡単手作りユーカリスプレーの作り方

  • 酢と水を1:1くらいの割合でスプレーボトル(500mlサイズ使用)に入れる
  • ユーカリオイルを10滴~40滴入れる

「除菌効果のある酢+さらにパワフルなユーカリ」のダブルパンチで菌や汚れを制すイメージです。

もう少し多めにユーカリを入れてもいいけれど入れすぎるとユーカリの香りが強すぎるので少なめにしています。

Eucalyputus Oil2

殺菌や消毒効果はもちろん、汚れもしっかり落ちます。

ユーカリのスッキリ清潔感ある香りのおかげか、たいしてがんばってもいないのにものすごい達成感を感じるから不思議。

「今日はだるいなぁ」と気分が乗らない日もササッとスプレーして軽く拭くだけで掃除した気分になれるのでズルしたいときにオススメです。

洗面台・シャワー・バスタブの掃除

  • 汚れ落とし → 酢と重曹
  • 汚れを落とした後の仕上げ(カビ対策) → 手作りユーカリスプレー
  • 洗面台や水道などのちょっとした吹き掃除 → 手作りユーカリスプレー

といった感じで使っています。

その他家事全般

  • 床掃除に
  • テーブル拭きに
  • キッチンの水まわり周辺・オーブン・電子レンジ・冷蔵庫・ゴミ箱などのササッと拭き掃除に
  • 食器用洗剤(手作り固形石けんを液体にしたもの)に数滴加えて

などなど。

殺菌・消毒したい系のところはとりあえず手作りユーカリスプレー または 水にユーカリを数滴加えたものでサッとお掃除。

虫除けにもなるので特にキッチンでは重宝しています。

家にカーペットがないので試したことはないけれど汚れ・シミ落としにも使えるそうです。

風邪・鼻づまり対策

リンゴ酢・アップルサイダービネガーを飲みはじめてから鼻づまりに伴う変な頭痛はだいぶよくなったけれど、たまに手作りヴェポラッブ風バームも活用しています。

鼻づまりがひどくて息ができないくらい苦しいときや咳がつらいときは蒸気吸入。

蒸気吸入・蒸気吸引の方法

  • 洗面器にお湯をはる
  • ユーカリを数滴たらす
  • バスタオルを頭からかぶる
  • 蒸気を5分~10分ほど吸い込む

多くても6滴くらいあれば十分です。

気分によってティーツリーやレモンを加えることも。個人的にはティーツリーよりユーカリの方がスッキリする気がします。

スチーマー代わりにもなるのでお肌にもよろしいかと。

蒸気吸入する時間がないときはタオルやハンカチに1~2滴たらして枕元に置いておくと呼吸が楽になります。

1~2滴たらしたマスクを着用してもいい感じ。

筋肉痛・腰の痛み

鼻づまり&風邪対策に常備している手作りヴェポラッブ風バーム。どちらかといえば最近は腰のマッサージに使うことが多くなりました。

もしや坐骨神経痛じゃないか?と思うほど腰の痛みがひどいのでマッサージに意味があるかどうかは謎。つらい。

腰の痛みはさておきウォーキングで疲れた脚をマッサージするとスッキリ軽くなります。

うがい・マウスウォッシュ

塩または重曹を入れた水に数滴たらす、というもの。

まずいです。良薬は口に苦し。

ティーツリーも試したけれど同じくまずい。基本的にアロマオイルの味が苦手らしいです。

まずいのでのどが痛いときや本当に気が向いたときだけ。

まとめ

わが家ではどちらかといえば「住まいのお手入れ」中心に活躍中のユーカリ。

自然の恵みいっぱいの洗剤、といったイメージです。

オーストラリアに住みはじめた当初は「なんでこんなにユーカリばっかりなんだ」といつも不思議に思っていたものの、日々の生活の中で実際に使ってみることで「なぜユーカリがこの国で家庭の必需品といわれるのか」その理由がハッキリと分かった気がします。

次は「自分のお手入れ」中心に活躍しているティーツリーオイルの魅力を探ってみたいと思います。

万能ユーカリオイル。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです