手作りコスメ!ワセリン風!蜜蝋リップクリームのレシピ・作り方

強い香りがどうも苦手。でも、ふわっといい香りをプンプンさせたい。

そんな思いからやさしい癒し系の練り香水を手作りしてみたところ、あまりに簡単すぎてやや拍子抜け。

ミツロウとオイルさえあればもっといろいろなものが作れそう。

というわけで応用編としてマルチに使えるワセリンのような万能リップクリーム・リップバームも作ってみることにしました。

スポンサーリンク

マルチに大活躍~いろいろ万能クリーム

素材がシンプルなので本当にいろいろ使える優れものです。

  • リップバーム
  • ひじ・ひざ・かかとなどのお手入れ
  • 指先や爪のお手入れ
  • 肌の乾燥がひどい部分のお手入れ
  • 鼻水や鼻のかみすぎなどヒリヒリする鼻周辺のお手入れ
  • まつげ・目元のケア
  • ポイントメイク落とし
  • レザーソファや木の家具
  • 革靴のお手入れ

夜はスキンケアをしない夜だけ肌断食中。ちょうど乾燥がひどい部分用に何か欲しいなぁと考えていたのでよかったです。

基本はリップ。その他、お肌のお手入れ、住まいのお手入れに大活躍。

勝手に「いろいろ万能リップクリーム」と呼ぶことにしました。

材料

大体こんな感じで。

  • ミツロウ
  • オイル

オイルはオリーブオイル、ホホバオイル、スィートアーモンドオイル、ココナッツオイルなどお好みで。

エッセンシャルオイルを数滴入れてもよろしいかと。

分量

  • ミツロウ 大さじ1
  • オイル 大さじ4

ややオイル多めの分量です。

もう少し固めがお好みならミツロウを増やしたり、オイルを減らしたりして調整すれば自分好みのバームができると思います。

ミツロウ・ビーズワックス~未精製と精製の違い

Unrefined Beeswax

手作りコスメといえばミツロウ・ビーズワックス。

未精製(Unrefined)と精製(Refined)2種類のミツロウがあります。今回わたしは少し黄味がかった未精製(Unrefined)のミツロウを使いました。

特にこれといった理由はなく「なんとなく未精製にしてみた」というだけ。黄色も可愛いかったので。

基本的にどちらでもよいのではないかと思います。お好みで。

スポンサーリンク

未精製(Unrefined)

  • 漂白されていない天然のミツロウ
  • 黄色っぽい
  • 素材の香りが残っている
  • 天然の有効成分が多く残っている

精製(Refined)

  • 漂白されたミツロウ
  • 白っぽい
  • 素材の香りが残っていない
  • 不純物が取り除かれている(=天然の有効成分が少ない)

作り方

作り方は練り香水と同じ。

  1. ミツロウとオイルを溶かす
  2. エッセンシャルオイルを入れる
  3. 容器に移す

あっという間にできちゃいます。触って指紋をつけたい気分。

あまりに簡単すぎて一度にたくさん作りたくなってしまうけれど、保存料が入っていないので目安として1ヵ月~2ヵ月で使い切ることを想定して作る量を調整するのがよろしいかと。

Solid Perfume6

まとめ

柔らかすぎず、固すぎず、ちょうどいい質感のバームができました。

ほのかに香るミツロウとオイル素材そのものの甘い香りに癒されます。

手作りってやさしい。

それにしても自然素材ってやさしい。

あると便利なミツロウさん。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです