乾燥肌なのに大丈夫か!洗顔後何もつけないスキンケアにチャレンジ

美意識がさらに低くなったのか、生活様式や文化に慣れてしまったのか、オーストラリアに住みはじめてから「しっかり洗ってきちんとお手入れする生活」から「あまり洗わず適当にお手入れする生活」に変化しました。

ボディケアもヘアケアも全体的に楽になって嬉しい!その反面、悩みが尽きないのがスキンケアです。

オーストラリアの気候のせいか一年中肌が乾燥してガサガサ・ゴワゴワ。日本に住んでいたときよりも乾燥肌が悪化した気がします。

特に冬場は最悪。乾燥肌を改善したい!という気持ちでいっぱいです。

そんな中、日本の友人から「最近肌に何もつけないようにしたら節約になるし荷物も減るし肌悩みも減るし、すごい楽になったよ」と連絡がありました。

そんな彼女は肌トラブルとは無縁そうな超美肌の持ち主です。

洗顔後の肌に何もつけないスキンケア。昔どこかで聞いた記憶がある。そういえば「何もつけない」を提唱する短髪のおばさまがいたような。

そうだ!何もつけない・何もしないスキンケア!肌断食や美容断食ってやつです。

何もつけないで美肌を手に入れられるなんて。シャンプーを使わないノープーもはじめたことだし次はスキンケアを見直そう!というわけで早速チャレンジしてみることに。

そんなわけで肌に何もつけないスキンケア肌断食の効果、やり方・方法、やってみた感想をまとめてみました。

スポンサーリンク

何もつけないスキンケアとは

なぜ何もつけない?

そもそもなぜ肌に何もつけないスキンケアがいいのか?を調べてみることに。

本当のあなたのお肌は、洗顔後何もつけていないお肌だとわかっていますか?化粧水や乳液、クリーム、オールインワンゲルには合成ポリマーという物質が配合されているので、それらでスキンケアしたあとのお肌は本当の肌ではなく、合成ポリマーで潤って見せているお肌なのです。

健康なお肌は何もつけなくても潤うことが出来ます。もちろん冬でもです。私たちは、化粧品を使うことによって、肌が自ら潤う力を低下させています。

『スキンケア大学』お肌の潤う力を回復させる方法

自分の肌が潤っているわけではなく化粧品によって潤っているように見える肌、だそうです。

洗顔後は肌が乾燥するのでちゃんとスキンケアした方がいいに決まってる!と信じてお手入れしてきたのでショックです。

そういえば決して美肌とはいえないけれど普段何もつけない夫の肌はたまに乾燥するくらいでほとんどトラブル知らず。

過剰なスキンケアをしていないとはいえ、やっぱり化粧水とクリームに頼りっぱなしなので甘やかされた肌に活を入れないといけない気がします。

効果は?

年中カサカサ、洗顔後はさらにカサカサなのに何もつけずに本当に肌が潤うのか?とかなり疑問です。

が!

「余計なことはしない」という肌断食のスキンケアで、乾燥が緩和された、肌のキメが整った、吹き出物が改善された、という報告も少なくありません。

ということなのでやってみる価値はありそうです。

『スキンケア大学』何もしないスキンケア

やり方・方法は?

調べてみたところ肌断食といっても佐伯式や宇津木式などいろいろあるようで、その理論や方法はさまざま。

メイクや日焼けどめは一切禁止を提唱している方法もあれば、たまにはOKという方法もあるといった感じです。

洗顔は水またはぬるま湯。洗顔後は何もつけず乾燥がひどい部分に少量の白色ワセリンを塗ったりするそうです。

1日〜3日程度のプチ肌断食や就寝前のスキンケアをしない夜だけ肌断食、半年でも1年でも肌質改善が見られるまで徹底して行う長期にわたる肌断食など自分のペースに合わせて実践できるそう。

スポンサーリンク

いろいろ重ね塗りする過剰なスキンケアは肌本来の再生力の妨げになるので最低でも週に1日はスキンケアやメイクをせず、お肌を休ませる日を設けることが大切なのだそう。

最初は肌がむき出しになるので乾燥してガサガサ・ゴワゴワするそう。そのガサガサ・ゴワゴワを乗り越えるとハリと弾力が出て美肌になるかも!とのことです。

ちなみにうっすら記憶に残っていた短髪のおばさまは美肌師佐伯チズさんでした。美肌師ってのがまたすごい。

肌断食チャレンジ

肌断食前のスキンケア

肌断食チャレンジ前のスキンケアはこんな感じ。シンプルです。

  • 基本は水洗顔
  • メイクや日焼けどめ落としにはミルクタイプのクレンジング
  • 洗顔後は化粧水とクリーム、たまにオイルマッサージ

肌断食中のスキンケア・ルール

がんばりすぎると続かない性分なので肌断食ルールはゆるめに設定しました。

  • 水洗顔
  • 必要に応じてメイクをする
  • 必要に応じて日焼けどめを塗る
  • メイクや日焼けどめはミルクタイプのクレンジングやオイルなどでやさしく落とす
  • 洗顔後は化粧水とクリームをつけない
  • たまにしているオイルマッサージをしない
  • 夜は「何もつけない」を徹底
  • どうしてもつらくなったら我慢せず化粧品の力を借りる
  • 日数や期間にこだわりすぎない

まとめ

肌断食をはじめてから約1週間。

何もつけないから楽ちんだけれどガサガサ・ゴワゴワ。全体的にザラザラ感があり、まさに肌がむき出しの状態です。

本当に大丈夫なんだろうか?と多少の不安はあるものの、化粧水やクリームを使わないことに肌が慣れてきたのか「何もつけない」ことは思っていたよりもつらくありません。

どちらかといえば鏡でガサガサ・ゴワゴワむき出し状態の肌を見るたびに精神的にショックを受けている感じです。

これが現実。その現実と向き合う勇気も必要なのだと思います。

まだはじまったばかりの肌断食チャレンジ。乾燥肌改善につながることを期待しつつ、マイペースに続けていこうと思います。

【追記】肌断食をはじめてから約3週間の肌の変化や経過をまとめてみました。

【追記】夜だけ肌断食中の朝のスキンケアについてまとめてみました。

【追記】乾燥や肌荒れが復活した原因と対策をまとめてみました。

【追記】何もしないスキンケア関連ネタまとめ

悩みよ、消えろ!

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです