熟成1年!オリーブオイルとココナッツ手作り石鹸の使い心地が最高

洗面台の下の収納スペースを掃除していたら、1年以上前に作った手作りオリーブオイル(キャスティール)石けんを発見しました。

まだあったのか!とただただびっくり。腐っていない!のでまたびっくり。

オリーブオイルにちょっとココナッツオイルを加えて作ったお気に入りのハンドメイド石けん。

どうやら勝手に熟成したようで、以前よりも使い心地が断然よくなっていました。

やっぱり、手作り石けんは熟成期間が長い方がいいのだろうか?

使い心地抜群!わが家の手作りオリーブオイル石けんレシピ、熟成期間による使用感の違いなどをまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

わが家の手作りオリーブオイル(キャスティール)石けん

レシピ

Handmade Soap With Olive Oil1

本来はオリーブオイル100%の石けんのことをキャスティール石けんと呼ぶそうです。

が、前回石けん作りをするときに参考にした石けんエキスパートのデビッドによると

  • オリーブオイル100%はヌルヌルする・泡立ち悪い・熟成に時間がかかる
  • オリーブオイル100%+ココナッツオイル20%の比率で混ぜるといい感じ

とのことだったのでデビッドレシピを参考にしながら以下の分量で作りました。

  • オリーブオイル 480ml
  • ココナッツオイル 120ml
  • 苛性ソーダ 70g
  • 精製水 180ml

オリーブオイル100%とココナッツオイル20%入りの2種類の石けんを作ってみたところ、オリーブオイル100%はデビッドの言うとおりといった印象でした。

デビッドレシピ(オリーブオイル80%+ココナッツオイル20%)はいろいろ作ってみた手作り石けんの中でも一番のお気に入りです。

作り方

Handmade Soap With Olive Oil9

憧れの手作り石けん。

大変そう、準備が面倒くさそうというイメージでなかなか踏み切れずにいました。

そんな中で面倒くさがり屋に朗報!

より安全に・より簡単に石けんが作れるらしいということでペットボトルで石けんを作ることにしました。

本当に簡単。息子が昼寝している間にちゃちゃっと作ることができました。

保存方法

Handmade Soap With Olive Oil3

  • 温度変化の少ない涼しい場所
  • 酸化防止にはホッカイロがいい

とのことだったのでジッパー付きの袋に石けんとホッカイロを入れて保存しました。

『uki☆uki☆せっけんライフ』石けんの酸化を防ぐ

  • 油が浮いてない
  • 変な匂いがしない

というわけでどうやら腐ってはいないようです。

発見

Handmade Soap With Olive Oil6

そして発見。洗面台の下の収納スペースのずっと奥の方にありました。

去年日本に帰ったときに母にアレッポのオリーブオイル石けんを20個プレゼント。母が「オーストラリアに持っていきなさい」と言うので6個もらってきました。

それ以来、家族3人でアレッポの石けんを使うようになり、いつしか手作りオリーブオイル石けんの存在を忘れてしまったようです。

ちなみにもう1年以上経つというのにアレッポの石けんはまだ2個残っています。

確かアレッポの石けんは目安として1個あたり4人家族で約1ヵ月ほど使えるはず。

わが家の場合、3人家族でこの1年の間に使ったアレッポの石けんは4個。つまり、3ヵ月に1個という計算になります。

ちゃんと洗っていないのか。持ちがいいのか。

熟成期間による使い心地の違い

Handmade Soap With Olive Oil2

スポンサーリンク

基本的に

  • 肌すべすべ
  • さっぱりするのに潤う
  • つっぱらない

と洗い上がりは最高です。

でも熟成期間によって微妙な違いを感じました。

熟成期間1ヵ月

  • 泡立ちがいい
  • 泡がスカスカ
  • 湿気の多い場所に放置したらふにゃふにゃになった

熟成期間2ヵ月以上

  • 泡立ちがいい
  • 前よりも泡がクリーミー
  • 湿気の多い場所に放置したら少し柔らかくなった

熟成期間1年以上

  • 泡がクリーミー
  • 前よりもマイルドな使い心地
  • 湿気の多い場所に放置しても溶け崩れない

袋に入れて保存していたので厳密にいえば熟成ではないかもしれないけれど「熟成した」気がします。

色は相変わらず真っ白。アレッポの石けんのように粘土みたいな匂いもしません。

Handmade Soap With Olive Oil7

アレッポの石けんほど硬くはないものの、かなり硬くなったという印象です。

Handmade Soap With Olive Oil5

夫が体に直接こすりつけて使った後そのままシャワールームに放置しても溶け崩れません。

Handmade Soap With Olive Oil8

当初は「蜜蝋などを入れて崩れにくい石けんを作るべき?」と考えたこともありました。

Handmade Soap With Olive Oil4

が、あまり難しいことは考えず、保存方法に気をつけながら、放置しておけばそのうちより使い心地のいい石けんができるのではないかと。

many people let their Castile soap cure 6-9 months or more before they use it. I can attest, the lather of a 9 month old Castile soap is much nicer than when it is just a few weeks old.

『About.com』Basic Olive Oil (Castile) Soap Recipes

デビッドも「数週間熟成させた石けんより9ヵ月熟成させた石けんの方が断然泡立ちがいい!」と言っているので「作ったら放置」が一番よさそうです。

まとめ

すっかり存在を忘れて放置していただけなのに使い心地が断然よくなってしまった手作りオリーブオイル石けん。

洗面台の下を掃除してよかったです。

  • 材料はオリーブオイル・ココナッツオイル・苛性ソーダ・精製水
  • ペットボトルでより安全により簡単に作れる
  • ジッパー付きの袋にホッカイロを入れて涼しい場所で保管する

これでアレッポのオリーブオイル石けんに負けないくらいの素晴らしい手作り石けんになるはず!

よしまた作ろう。

【追記】手作り石けんの使用期限や酸化を防止する保存方法を調べてみました。

アイ ラブ オリーブ。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです