築40年以上!古い家を自分でリフォーム!わが家のDIY計画と妄想

外国の家・海外の家と聞いてイメージするのはスタイリッシュで洗練された家。

わが家はそんな「外国の家」のイメージとはだいぶかけ離れた築40年以上の古い一軒家です。

全く興味がなく、むしろいらないと思っていた持ち家。家庭の事情により、なんだかんだやっているうちに家を購入することになりました。

家の壁はタバコのヤニだらけ。前住人の変な写真や歯ブラシも置きっぱなし。

こんなに大きな買い物をしたのに。これから何十年もかけてローンを返済しなければいけないというのに。

せめていろんな物件を見て選んで買いたかったなぁと。当時は夫や夫の家族へのいら立ちと憤り、悔しさでいっぱいでした。

あれから約6年。住めば都とはよく言ったもので最初は大嫌いだったこの家にも次第に愛着を感じるように。

「大切な家族が心地よく暮らせるようにこの家を大切にしよう」と少しだけ前向きに考えられるようになりました。

家族と暮らす大切な場所だから。今までよりもう少し「家」に目を向けてみようかと。

わが家のDIY、リフォーム、リノベーション、メンテナンス計画や妄想をここに記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク

築40年以上の古い家・中古住宅に暮らす

外壁はレンガ。最初はなんかすごく古くさい感じがして好きになれませんでした。夫はこんなパネルを貼って無理矢理レトロ感・おしゃれ感を出そうとしています。

Old House DIY1

階段はペンキが剥げ落ちてボロボロ。手すりや金具なども大丈夫なの?というレベルです。

Old House DIY2

キッチンのタイル。いかにも60年代、70年代な感じ。

Old House DIY3

エアコン。歴史を感じる瞬間です。おそらくこの家が建てられた当初に取りつけられたものだと思われます。

Old House DIY4

最初はエアコンだということすら気がつきませんでした。一応まだ使えるから驚きです。

Old House DIY5

天井の扇風機。シーリングファン。昭和な雰囲気漂うレトロ家電です。

Old House DIY6

壁に取りつけられている扇風機のスイッチがこれまたレトロ。5段階調整で●の数が多くなるほど強風になります。

Old House DIY7

古すぎる。壊れてるに決まってる。そんなものが普通に使えたりするので世の中分からないものです。

どこか古くさいイメージのあったレンガ。実は耐久性とエコロジー性に優れた外壁材なのだそう。

劣化しにくいので外壁リフォームもほぼ不要みたいです。そう考えるとレンガでよかったなぁと思います。

なんとオーストラリアはレンガ生産量世界一。

『アーキビジョン21』レンガ外壁で末永く

わが家のDIY・リフォーム・改装・メンテナンス計画

  • 室内の壁ペンキ塗り替え
  • レンガ以外の外壁ペンキ塗り替え
  • 外の階段メンテナンス
  • 外の階段ペンキ塗り替え
  • 裏庭にウッドデッキ・パティオ
  • キッチン・台所
  • トイレ
  • バスルーム・お風呂
  • リビングルーム・茶の間
  • ベッドルーム・寝室
  • スタディルーム・勉強部屋
  • キッズルーム・子ども部屋
  • ランドリールーム・洗濯室
  • 階下にあるよく分からない部屋
  • ガレージ・倉庫
  • ベッドルームの押入れ・クローゼット
  • 廊下の押入れ・クローゼット
  • 新しい窓
  • 新しいドア
  • 新しい天井の照明

小規模なものから大規模なものまで思いつくまま羅列。もうほぼ全部です。無理だろうけれど欲を言えば畳のある和室も欲しいです。

備え付け収納スペースの改造などこれまでにもちょこちょこ手直しをした部分はあるけれど、中途半端なのでやり直しが必要です。

やることが多すぎてどこから手をつけていいのか分からず、終わりが見えません。たぶん終わらない。

テレビ番組のようにDIYが大好きで得意な人たちが家に来て勝手に好きなようにリノベーションしてくれないかなぁと妄想したり。

リフォーム、リノベーションが終わった家で暮らす自分たちの姿を妄想したり。

一生ものの買い物ではない!オーストラリアの住宅事情

old-house-diy9

「必要事項を記入して提出するように」と突然渡された住宅ローンの申込書。

2人共新しい仕事をはじめたばかり。「どうせ承認されないんだから」と夫と2人でちゃちゃっと適当に書いて提出後、そのまま数ヵ月が経過しました。

そして、すっかり忘れた頃に住宅ローン承認の連絡。契約時の住宅ローン金利は7.67%。なんて強欲な。

最初はその数字が何を意味しているのか理解できず、その意味を後から知ってものすごく恐ろしくなったのを覚えています。銀行め。

スポンサーリンク

わが家の物件選び

いろんな物件を見てから購入を決めたかったけれど、事情により与えられた選択肢は2つ。

1つは

  • 築年数30年以上
  • デュプレックス(duplex)といわれる二世帯住宅みたいなユニット
  • プールつき
  • 収納が多い
  • 床はカーペットとタイルみたいなやつ
  • 天井が高い

もう1つは

  • 築年数40年以上
  • 一戸建て
  • プールなし
  • 収納が少ない
  • 床はフローリング
  • 天井が低い

の2つ。価格はデュプレックスの方がやや高めでした。

  • 他人と二世帯住宅に住むより多少古くても一軒家の方がいい
  • プールはいらない
  • 床はカーペットより木がいい
  • 天井が高いと開放感がありすぎてスースーして落ち着かない
  • 庭が広い方がいい

というわけで迷うことなく今の家に決めました。

家は大切な資産・中古住宅にも価値がある

数年住んだら引っ越してまた新しい場所で新生活をスタートさせるのが好きだったり。キャラバン・キャンピングカーに住んで旅をしながら暮らすのが密かな夢だったり。

どうしても自分の中に「家は一生もの」という感覚があり、納得いかないまま購入したので「こんなボロボロの家に一生住むのか」となんだかやるせない気持ちになりました。

オーストラリアではよく「家は資産」と言われるけれど本当なのだろうかと。

銀行も「家は資産だから住宅ローンはただの借金ではなく意味のあるもの」みたいな感じで言ってたなぁと。

調べてみたところ

  • 状況や環境の変化に応じて家の売り買いをくり返す
  • 地震が無く建物の耐久年数も長いので中古住宅をリノベーションして価値を上げて売る
  • 大切にメンテナンスをしながら暮らして資産として次の世代に引き継ぐ

といった感じでオーストラリアには「家は一生ものの買い物」といった感覚はないようです。

築50年でもリフォームすれば売却価格が2倍になる可能性もあるらしい!

古いものには夢がある。がんばろう。

『海外不動産投資隊』オーストラリアでは古い家が高く売れる!その理由と背景

家は消耗品?気になる日本の中古住宅事情

古い家でも大切な資産。だからこそメンテナンスが大切なのだなぁと。

一方、日本では年数が経っても不動産価値が保たれるオーストラリアとはだいぶ異なる様子。

家は消耗品みたいなもので、年数が経つにつれて資産価値が下がる傾向があるようです。

高い買い物なのに。限られた資源なのに。

なんかもったいない。

『日豪プレス』【日本の不動産】日本の中古物件はなぜ安いのか?

まとめ

「家は資産」「リフォームしたら価格2倍」と聞いてだいぶやる気が出ました。

改めて書類を確認してみたところ、おそらく今年で築47年ではないかと思います。

ピカピカの新しい家を羨ましく思う気持ちもある。でも古いものには古いものなりのよさがある。

こんな古い家でも大切に手入れしてリフォームして、将来子供に資産として残したいなぁと。

金銭的な意味だけではなく、大人になった子供がいつでも安心して帰ってこれる場所・帰りたいと思える場所という意味での資産。そんな資産を残したいです。

ずっと住むかもしれないし、住まないかもしれない。家計の事情もあるし、なかなか重い腰が上がらないのも事実。

それでもやっぱり日々気持ちよく暮らしたいのでできる限りのことをしたいなぁと。

大切な家族が住む家だから。

【追記】まずは室内塗装!ということで部屋の壁のペンキ塗り替えをしました。

【追記】過去にプチ改造した押入れ風収納棚をIKEAアイテムでDIYイメチェンしました。

【追記】海外のおしゃれ&かわいい子供部屋風に壁をカラフルに塗装してみました。

【追記】ウッドデッキ予算オーバー!家具が買えないので古いテーブルを塗装してみました。

【追記】ウッドデッキに面している古い木製ドアをペイントしてイメチェンしました。

自分でできるかな。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです