コスメが安い!お土産調達に便利なオーストラリアのドラッグストア

春を迎えて、さらに陽気さを増したオーストラリア。

また1つ歳を取った上に日差しも強くなってきたので、そろそろ本気でエイジングケアをはじめようとローズヒップオイルを買いに久しぶりにコスメ・化粧品売り場へ。

夜は何もつけない夜だけ肌断食や食材を使った適当スキンケアをしていたため、久しぶりに足を運んだ化粧品売り場にテンションが上がりました。

さすがオーガニック大国オーストラリア。安いのに優秀な自然派化粧品やオーガニックコスメがいっぱいあります。

自分用に家族や友達へのお土産用にオーストラリアに来たならぜひ手に入れたいプチプラ自然派コスメ。

でも一体どこで買えるの?といった疑問も多いはず。

お土産屋さんでも買えるかもしれないけれど、おすすめはケミスト(Chemist)やファーマシー(Pharmacy)と呼ばれる日本でいうドラッグストアみたいなお店です。

1つのお店ですべての自然派化粧品・オーガニックコスメブランドを見つけることは難しいかもしれない。

でもここならきっと何かが見つかるはず!この看板・ロゴを見かけたらとりあえず中に入ってみよう!なオーストラリアのドラッグストア・薬局をまとめてみました。

スポンサーリンク

日常生活が垣間見える場所~ドラッグストア

Australia Pelican

ヨーロッパ貧乏1人旅中に必ず立ち寄った場所といえばスーパーマーケットとドラッグストア。

「珍しい野菜が売っているなぁ」「この素材がお茶や化粧品にも使われているんだぁ」といった感じでその土地に住んでいる人たちの生活をチラッと垣間見ることができました。

オーストラリアに住みはじめた当初も同じ。

スーパーマーケットやケミストのおかげで「タマゴは茶色」「痛みどめや風邪薬はスーパーでも買える」「量り売りハムがおいしい」など生活に必要な情報を知ることができました。

観光施設や名所巡り、あっちにこっちに忙しい観光。

中心部からちょっと離れてゆっくり歩いてみるだけで、観光スポットとはまた違った魅力や面白いお店などを発見できるはずです。

ナチュラルコスメ買うならココが狙い目!なドラッグストア

個人経営の小さな薬局からチェーン店系までいろいろ。

今回はわりとよく見かけるチェーン店系のドラッグストアをご紹介します。

ケミストウェアハウス(Chemist Warehouse)

Chemist Warehouse

  • 看板テーマカラー: 青・赤・白・黄色
  • 全州にあるっぽい
  • とにかく安い
  • 商品陳列が雑多
  • 通路が狭い

わたしの一番のお気に入り。

小さくてごちゃごちゃしている倉庫みたいな雰囲気のドラッグストアです。

Australia’s Cheapest Chemist オーストラリアで一番安いぜ!というだけあり、本当に安くてたまにビビります。

サプリメントや化粧品を爆買いしている人たちの姿もよく見かけます。

薬やビタミン剤、日本に里帰りするときのお土産、ティーツリーオイルやユーカリオイルなどもほとんどここで調達。

オーガニックのココナッツオイルやアップルサイダービネガー・リンゴ酢が$5~$8前後とお手頃価格です。

夫が使っている高級ブランド系の香水(アフターシェイブ)も空港の免税店で買うよりもはるかに安いです。

Chemist Warehouse公式サイト

グッドプライスファーマシーウェアハウス(Good Price Pharmacy Warehouse)

Good Price Pharmacy Warehouse

  • 看板テーマカラー: オレンジ・青・白
  • 全州にあるっぽい
  • 店名が長い
  • それなりに安い
  • 中心地からちょっと離れているかも

清潔感があり、香水やスキンケア、メイクアップが充実しているドラッグストア。

処方箋コーナーはいつも混み合っています。

ケミストウェアハウスほど安くはないものの、結構安いのでたまに利用しています。

スポンサーリンク

観光客よりも現地客が多く、他のチェーン店系に比べて立地条件があまりよくない印象はあるものの、落ち着いた雰囲気でゆっくり買い物できるケミストです。

Good Price Pharmacy Warehouse公式サイト

テリーホワイトケミスト(Terry White Chemists)

Terry White

  • 看板テーマカラー: 青・ピンク・白
  • ほぼ全州にあるっぽい
  • ノーザンテリトリー(Northern Territory)にはなさそう
  • ショッピングセンターでよく見かける
  • 価格は高すぎず安すぎず

店舗数が多く、清潔感のある大型ドラッグストアです。

クィーンズランド州にはなんと70店舗以上あるそう。どうりでよく見かけるわけです。

スキンケアの他、ナチュラル系メイクアップも充実している印象があります。

広々としていているので、ゆっくりお買い物ができる雰囲気。

ショッピングセンター・ショッピングモールの中でよく見かけるので立地条件は抜群です。

Terry White Chemists公式サイト

プライスラインファーマシー(Priceline Pharmacy)

  • 看板テーマカラー: ピンク・白・緑・ちょっとオレンジ
  • ほぼ全州にあるっぽい
  • ノーザンテリトリー(Northern Territory)とタスマニア(Tasmania)にはなさそう
  • ショッピングセンターや中心地でよく見かける
  • 価格は高すぎず安すぎず

メイクアップやネイルを中心に扱っている「おしゃれな女子」イメージのドラッグストア。

店舗によってはメイクアップアドバイザーもいるそう。

ナチュラル系もそれなりに充実しているのでナチュラルスキンケアもメイクアップも!という方におすすめです。

立地条件抜群、店内も広々しているので思う存分物色できると思います。

Priceline Pharmacy公式サイト

アムカル(Amcal)

  • 看板テーマカラー: 青・赤・黄色
  • オーストラリア全州にあるっぽい
  • ショッピングセンターでよく見かける
  • 価格は高すぎず安すぎず
  • 立地条件がよい

たぶんアムカルと読むはず。

いかにも「薬局」といったイメージの清潔感溢れるドラッグストアです。

ショッピングセンターや医療センターの近くでよく見かけます。

健康系アイテムやベビー系スキンケアが充実している印象。

他のドラッグストアと比べるとナチュラルコスメがちょっと少なめ?だけれど、立地条件がよいので見かけたらとりあえず中に入って損はなし、といった感じです。

Amcal公式サイト

まとめ

オーストラリアの安くて優秀なナチュラル化粧品・オーガニックコスメ。

観光もいいけれど、たまには「優秀プチプラ系ナチュラルスキンケアを見つける日」「ドラッグストア・薬局巡りの日」なんてのも楽しそうです。

オーストラリアの生活の一部ともいえるナチュラルコスメ。

どのドラッグストアでも何かしら取り扱っているはずなので、時間がないときはChemistやPharmacyなどの看板を見かけたらとりあえず入ってみるのがよろしいかと。

地球と人への思いやりいっぱい。やさしさいっぱい。そんなオーストラリアの実力派ナチュラルコスメにきっと出会えるはずです。

爆買いも夢じゃない。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです