お金をかけずに肌を綺麗にしたい!きな粉洗顔パックですべすべ美肌

冬も終わりに近づき、もうすぐ春がやってきます。

季節の変わり目は肌が敏感になりがち。

夜はスキンケアしない夜だけ肌断食をはじめて以来、ヨーグルトやハチミツなど「塗ってよし・食べてよし」系の自然素材を使ったスペシャルケアをするようになりました。

先日はちまたで話題の米ぬか洗顔パックにチャレンジ。米ぬかがもたらす、しっとりツヤツヤ感に感動しました。

そういえば米ぬかときなこってなんか似てるなぁと思ったら、どうやらきなこ洗顔パックも効果的との情報発見。

お金をかけずに美肌になりたい!きなこ好きとしては試さずにはいられない!早速きなこ洗顔パックをやってみました。

スポンサーリンク

きな粉大好き

日本に里帰りしたときに大量に仕入れてきたきなこ。

まだまだいっぱいあるので1袋くらい洗顔パック用として使ってもいいかなぁと考えています。

Kinako Powder Face Wash1

ちなみに大切な黒ごまアーモンドきな粉は洗顔パックには使いません。

Kinako Powder Face Wash2

米ぬかときなこ

米ぬかを使ってみて感じたことは「なんかきなこっぽいなぁ」ということ。

味はきなこの方が断然おいしいけれどなんだか似ている御二方。

色が似ている

写真右手側:米ぬか 写真左手側:きなこ

Kinako Powder Face Wash3

どっちが先輩?

気になったので調べてみたところ

  • 米ぬか→江戸時代
  • きなこ→奈良時代

だそうです。

「縄文 弥生 大和 飛鳥 奈良 平安 鎌倉 室町 安土桃山 江戸」の順なのできなこの方が先輩ということになります。

期待できる効果

米ぬか

  • 便秘対策
  • 高血圧対策
  • 自律神経を整える
  • コレステロール低下
  • くすみ除去
  • 高い保湿力 など

『スキンケア大学』米ぬか

きなこ

米ぬかもきなこも同じくらい美容健康効果が高いといえるのではないかと思います。

スポンサーリンク
  • 便秘対策
  • ダイエット
  • 骨粗しょう症予防
  • 風邪対策
  • 冷え性対策
  • ニキビ対策
  • エイジングケア など

『スキンケア大学』きなこの栄養と効果

きなこ洗顔パック

ヨーグルトやハチミツを入れるとプリプリ肌になることは実証済み。

今回は純粋にきなこだけを使ったときの効果を検証してみることにしました。

  1. 手の平にきなこをのせる
  2. 水またはお湯を少しずつ加えてペースト状になるまで混ぜる
  3. 顔・デコルテ全体に伸ばしてやさしくマッサージ(=洗顔・マッサージ)
  4. 1~3分そのまま放置(=パック)

小麦粉が入っているパックが苦手なので小麦粉は入れないことに。

米ぬか洗顔パックと同じように手の平で水ときなこを混ぜ合わせたものを洗顔・マッサージ・パックに使うことにしました。

きなこ洗顔パックをやってみた感想

  • 香ばしいきなこの香りに癒される
  • 適度なしっとり感
  • つっぱらない
  • つるつるスベスベ
  • ふっくら

米ぬかほどのしっとり感はないけれど、とにかくつるつるスベスベしています。

2~3日1回くらいの頻度で洗顔パック。全体的にお肌が柔らかくなった気がします。

米ぬかにすべきか?きなこにすべきか?

これは迷います。

  • 味と香り→きなこ
  • 入手のしやすさ→きなこ

とはいえ米ぬかにはきなこにはない魅力があるのも事実。

  • しっとり潤い肌になりたいとき→米ぬか
  • つるつるスベスベ肌になりたいとき→きなこ
  • サッパリ肌になりたいとき→重曹

みたいな感じで使い分けてみようかなぁと。

ただ、重曹より米ぬかときなこの方が美肌効果が高そうなので米ぬかときなこを中心に使っていこうと思います。

まとめ

きなこは大豆。大豆といえば女性ホルモンに似ているといわれるイソフラボン。

イソフラボンなんたら系のスキンケア商品もあるくらいなので、やっぱり肌にいいのだろうと。

続けたらいいことありそうな予感がします。

【追記】節約美容関連ネタまとめ

おいしく健康キレイ。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです