節約美容で美肌になりたい!米ぬか洗顔パックの感想や効果・作り方

重曹、塩、酢、緑茶、ヨーグルト、オイルなど、いつもお世話になっている「塗ってよし・食べてよし」系の自然素材。

お肌の曲がり角はとっくの昔に曲がっているものの、いろいろ試してみたいお年頃。

あきらめるのはまだ早い。

できるだけ安く!できるだけ手軽に!

今回はツヤツヤ肌になれるらしいとちまたで話題の米ぬかを使ってみることにしました。

スポンサーリンク

米ぬか入手

Rice Bran1

米ぬかと聞いて思い浮かぶのはなぜか化粧品。

そういえば化粧品メーカーに勤めていたとき米ぬかなんとか系の商品があったようなないような。

友達に教えてもらった量り売りのお店で米ぬかを調達。

まさかオーストラリアにも米ぬかがあるとは知りませんでした。

英語ではRice Branというらしいです。

米ぬかの歴史

昔から石けんの代わりに使われたきたといわれる米ぬか。

一体いつ頃からだろう?と思い調べてみたところ、江戸時代の頃のようです。

ちょうど読み返していた司馬遼太郎の「竜馬がゆく」にも登場。

以下は「竜馬がゆく」第三巻、ぬか袋で竜馬の背中をごしごし洗っているお田鶴さまとの会話です。

例えばお田鶴さまはいまぬか袋を使っていらっしゃるでしょう。

ええ。

シャボンという便利なものがあります。世の常の攘夷志士は、シャボンをつかうと肌に夷臭がしみこむ、と申しますが、竜馬はシャボンも使い、軍艦も使い、洋式火砲もつかい、革靴もはき、世界の列国とおなじ道具をつかった上で、日本をたてなおしたい

シャボンつまり石けんが海外から日本に入ってくる前はぬか袋を使っていたということ。

坂本竜馬はじめ幕末風雲の時代を生きた人たちはぬか袋を使って体を洗っていたのだろうなぁと妄想しました。

米ぬかに期待できる効果・効能

玄米と同じようにビタミン、ミネラル、食物繊維など栄養成分豊富な米ぬか。

ザッと調べてみたところ、こんな効果・効能が期待できるそうです。

  • 便秘対策
  • 高血圧対策
  • 自律神経を整える
  • コレステロール低下
  • くすみ除去
  • 美白効果
  • 高い保湿力

などなど。とにかく健康にも美容にもいいよってことです。

『スキンケア大学』米ぬか

米ぬかを食べる

化粧品のイメージが強かっただけに米ぬかを食べることができるということにびっくり。

そういえば「なんとかブラン」的なシリアルもあるなぁと。

よく考えたら米なので当たり前じゃないかとあとから気がつきました。

なんかきなこっぽい。

Rice Bran3

ヨーグルトに入れて食べてみました。

  • 自然の甘みがある気がする
  • ややもそっとする
  • ものすごくまずいわけではない
  • ものすごくおいしいわけではない
  • 中途半端な味と香り
  • きなこの方がおいしい

もともと牛乳を入れるとすぐにグチャグチャになる「なんとかブラン」系のシリアルが苦手。よって米ぬかも苦手です。

スポンサーリンク

いくら健康のためとはいえ、そんなに無理して食べなくてもいいかな、といった印象です。ゆえに「米ぬかを食べる」はなし。

きなこの方が断然おいしいです。

米ぬかで食器洗い

続いて食器洗い。

油汚れがひどい皿の上にパラパラ。

米ぬかと油汚れをよく混ぜてから水で洗い流したところ、汚れがスッキリ落ちました。驚き。

重曹でも代用できるのでわざわざ米ぬかで食器洗いしなくてもいいかな、という感じです。

米ぬか洗顔パック

洗顔

  1. 手の平に米ぬかをのせる
  2. 水またはお湯を少しずつ加えてペースト状になるまで混ぜる
  3. 顔・首・デコルテ全体に伸ばしてやさしくマッサージ

といった感じで洗顔とマッサージ。

メイクは落ちないのでどちらかといえば洗顔後のスクラブマッサージのようなイメージです。

刺激が気になる場合はぬか袋を使って洗顔する方がよいそうです。わたしはぬか袋を持っていないのでそのまま洗顔しました。

洗顔後の肌を手で触ってみたところ

  • ゴワゴワ感がない
  • 全体的につるっとしている
  • しっかり潤う
  • しっとりツヤツヤ
  • 肌が柔らかい

と嬉しい結果に。

パック

  • 米ぬかと小麦粉と水を適当に混ぜる
  • 顔全体に伸ばして約5分~10分ほど放置して洗い流す

どうやら小麦粉が苦手なようで洗顔ほどの嬉しい結果は得られませんでした。

小麦粉を入れるとパックがすぐパリパリになり、ついでに肌もパリパリする気がします。

というわけでパックは作らず、手の平で米ぬかと水を混ぜ合わせたものを洗顔・マッサージ・パックに使うことにしました。

まとめ

昔から石けんとして使われてきた米ぬか。

米ぬかのこのしっとり感にやみつきになります。頻度は肌の状態と相談しながら週に1~3回くらいがちょうどいい感じです。

重曹でスクラブマッサージすることもあるけれど、どちらかといえば重曹はサッパリ・夏向き、米ぬかはしっとり・冬向き、といった印象です。

これからもシミ・シワ対策に米ぬか洗顔・パック・マッサージを続けていこうと思います。

【追記】節約美容関連ネタまとめ

美人。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです