ペットボトルで簡単手作り石鹸!材料・道具・作り方を徹底解説

なんとなく敷居が高そうなイメージがある手作り石けん。

手作り洗濯洗剤を作ってからというもの、次回は市販の石けんではなく手作り石けんを使って洗濯洗剤を作りたいと思うようになりました。

ちょっとしたブームのようで検索すると情報がいっぱい。ちまたではソーパーといわれるらしいです。

作りたいけれど大変そう、面倒くさそうと思っていつもあきらめていた手作り石けん。

なんとペットボトルでより簡単により安全に石けんを作ることができるらしい!というわけで早速作ってみました。

スポンサーリンク

手作り石けんデビューを決意するまで

「作りたい。いや、やめておこう。やっぱり作りたい。いや、やっぱりやめておこう」のくり返しでした。

いまいち乗り気になれなかった理由

ずっと気になっていたものの積極的に作ろう!と思えなかった理由です。

  • 必要な道具が多い
  • 苛性ソーダが怖い

必要な道具が多い=準備するものが多く、結構大がかりなのでなんとなく面倒くさいなぁと感じていました。

単に面倒くさがりなだけ。

石けん作りに欠かせない苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は毒物・劇物として扱われるとても危険な薬品。

最初はこんな危険なものを使って作る石けんは危ないんじゃないか的に思っていたけれど、どうやら苛性ソーダは油と反応して石けんに変化するらしいです。

つまり、苛性ソーダがないと石けんは作れないということ。

泡立て器やブレンダーで生クリームを泡立てるときでさえあんなに飛び散るというのに危険な薬品をあちらこちらに散乱させるわけにはいきません。

『uki☆uki☆せっけんライフ』苛性ソーダって危険?

本当にペットボトルで作れるの?

市販のちょっといい感じの石けんは高い。次回の洗濯洗剤にはどうしても手作り石けんを使ってみたい。

どうしてもあきらめられず、またいろいろ調べたところ、ペットボトルで作れるとの情報を発見しました。

『uki☆uki☆せっけんライフ』ペットボトルで簡単、安全に石けんを作る

すばらしい。

小さいペットボトルは買わないけれど、夫がいつも2リットル炭酸ジュースを買うのでなんとか有効活用できないものか?と思っていたところです。ちょうどよかった。

ペットボトル手作り石けんステキポイント

  • 少ない道具で作れるので準備と後片づけが楽
  • 泡だて器やブレンダーのように飛び散る危険性が低い
  • ペットボトルを有効活用できる
  • 処分に困る廃油を無駄にしない

泡立て器を使うよりも簡単に材料を均一な状態(攪拌)にすることができるそうです。

模様つきの可愛らしい石けんを作るのは難しそうだけれど、わたしは実用性重視で石けんを作りたかったので特に問題はありません。

石けん作りに必要な道具

これなら自分にもできると思ったので早速チャレンジ。

PET Bottle Soap Making Tools

今回使った道具リストです。

  • 2リットルペットボトル → ヒビが入っていないことをしっかり確認
  • はかり → デジタル持っていないのでアナログ(本当はデジタルの方がいいらしい)
  • 計量カップ → 水や油を計量するため
  • じょうご(ろうと) → 苛性ソーダを入れるときにこぼれないようにするため
  • テーブルスプーン → 苛性ソーダ用
  • プラスチック容器 → 型として使用(牛乳パックやシリコン型でもOK)
  • ゴム手袋 → 肌を守るため
  • 布 → 口元を覆うマスク代わりに
  • 安全めがね → 目を守るため
  • ビニール袋 → ペットボトルから液体がこぼれたときに備えて
  • 箱 → 保温用に(毛布やタオルでくるんでもOK)

服装は長袖・長ズボンで。できればマスクも着用したいところです。

デジタルはかりが欲しい。

材料・分量

わが家ではほとんど揚げものをしないので廃油がありません。

そんなわけで気になる存在のココナッツオイルと家にあるオリーブオイルで作ってみることにしました。

  • オイル 500ml(ココナッツオイル:約340ml / オリーブオイル:約160ml)
  • 苛性ソーダ 50g
  • 精製水 100ml

今回は「○○石けんを作ろう」といったものではなく実験なのでオイルの比率は適当です。

苛性ソーダと水の量はこちらのサイトを参考にして算出しました。

『The OzCalc Soap Calculator』

他にも同じように算出してくれるサイトがたくさんありました。

算出されるのは苛性ソーダの量だけだったり、水の量が率だけで表示されるサイトが多い中、こちらは初心者にも分かりやすいなぁと感じました。

ただ単位換算表で確認しながら算出したので、そのあたりが面倒くさかったです。

苛性ソーダはスーパーマーケットの洗濯&掃除コーナーで発見。日本での販売は薬局のみ、購入の際は印鑑が必要だそうです。国によっていろいろ。

ミネラルが多いと酸化しやすい石けんになるそうなので精製水を使用。

これから出番が増えるだろうと思ったので5リットル入りを買いました。さすがに重い。

費用

気になるのでザザッと計算。

  • ココナッツオイル 340ml → $6.49
  • オリーブオイル(500ml入り$4.69) 約160ml → 約$1.50
  • 苛性ソーダ(500g入り$4.83) 50g → 約0.50
  • 精製水(5L入り$3.25) 100ml → 約$0.06

合計 約$8.55

高いのか安いのかよく分からないので固まった石けんをはかりに乗せてみたところ重さは約700g。

手作り洗濯洗剤を作ったときに使ったココナッツ石けんは1個(80g)あたり$2.00。3個使ったので240g=$6.00という計算になります。

  • 市販の石けん → 100gあたり$2.50
  • 今回の手作り石けん → 100gあたり$1.22

こんな感じで、やっぱり手作りの方がお財布にやさしいみたいです。

オーガニックオリーブオイルとオーガニックココナッツオイルという贅沢素材石けんの方が安いなんて嬉しい。

作り方

いよいよ石けん作りです。

1. 精製水を計量する

計量した水をペットボトルに入れておきます。

PET Bottle Soap Making1

2. オイルを計量する

計量したオイルは出番(=苛性ソーダ水とオイルを混ぜるとき)がくるまでそのまま放置します。

事前に準備しておくと流れがスムーズというだけの話なので混ぜる直前で計量しても問題ありません。

それにしてもオリーブオイルってこんなに緑なんだとびっくり。

PET Bottle Soap Making2

3. 苛性ソーダと水を混ぜる

いよいよ苛性ソーダの登場です。ポイズンです。必ず手袋、安全めがね、できればマスクも着用。

Soap Making Lye1

スポンサーリンク

・作業の流れ

  1. 苛性ソーダを計量する
  2. じょうご(ろうと)をペットボトルの入り口に設置する
  3. 水の中に少しずつ苛性ソーダを入れる
  4. ペットボトルを動かしながら苛性ソーダをしっかり溶かす

・ポイント&注意点

  • 順番は水の中に苛性ソーダ(苛性ソーダに水という順番は危険)
  • 一度に大量の苛性ソーダを入れると温度が急激に上昇するので数回に分けて入れる
  • 出てくる蒸気は有毒なので吸わない

小心者のわたしは息をとめながらスプーンで1杯ずつ、そろそろとゆっくり苛性ソーダを入れました。それでも結構熱くなるのでシンクに水をはっておくとよろしいかと。

ちなみにペットボトルのフタを閉めたときボトルが熱によって変形しました。

基本的にはフタを閉めずにボトルをゆるやかに動かしながら溶かすようにして、苛性ソーダが溶けずにボトルの底にたまっている場合のみフタを閉めて上下にふっています。

Soap Making Lye2

4. 苛性ソーダ水とオイルを混ぜる

オイルの登場です。ここでも引きつづき手袋と安全めがね着用。

・作業の流れ

  1. 苛性ソーダを溶かした水が手で触れるくらいの温度(人肌くらい)になったらオイルを入れてフタをする
  2. ペットボトルをビニール袋に入れる(万が一液体がもれたら危ないので/さらに毛布やタオルで包んで保温してもOK)
  3. 液体が濁ってとろみが出るまでひたすらシャカシャカふる

シャカシャカふる作業が一番疲れました。

これはもうエクササイズと割り切るしかないなぁと。20分後くらいにはとろみが出てきました。

PET Bottle Soap Making3

5. 型に流し込む

液体が飛び散る可能性もあるのでゆっくりと静かに型に流し込みます。

1st Coconut & Olive

6. 保温する

石けんが固まるまで温度の変化が少ない場所で保温します。作業は手袋着用で。

発泡スチロールなどがなかったのでフタつきの箱で代用。毛布やタオルでくるんでもいいみたいです。

Soap Making Box

本当はちょろちょろ箱を開けてはいけないらしいけれど気になって仕方がないので何度もチェック。

暑かったせいか数時間後には固まっていました。石けんが固まったら箱から出して表面が乾くまでさらに放置します。

PET Bottle Soap Making5

7. 型出し

固まって表面が乾いたら型出しです。熟成するまで苛性ソーダが残っているので作業は手袋着用で。

・作業の流れ

  1. 型から出す
  2. 適当な大きさに切る
  3. 風通しのよいところで1カ月~2カ月くらい熟成させれば完成

パカッとキレイにはずれました。本当は牛乳パックを使ってちょっと無骨な感じの石けんにしたかったけれどまぁいいや。

PET Bottle Soap Making6

追加でもう1つ

あまりにも簡単なので夜みんなが寝静まった後にこっそり作ってみました。

キャノーラオイル、あまり使っていなかったマッサージオイル(ホホバ・アーモンド・アボカド)、アプリコットカーネルオイルなど家中のオイルをかき集めて作ってみました。

水滴ついてます。品質には問題ないようなのでふき取って表面が乾くまで待ちました。

PET Bottle Soap Making8

ただいま熟成中

現在熟成中の石けんです。

2回目に作ったものはなぜかピンク。水を入れて使う予定なのでペットボトルに残っている石けんも熟成中。あぁ楽しみ。

PET Bottle Soap Making9

まとめ

念願の石けんデビューができて嬉しいです。

どうやらココナッツオイルが多すぎると肌が乾燥するらしいので使ってみて肌に合わなければ洗濯や掃除に使えばいいかと。

オイルの組み合わせや分量などまだまだ分からないことだらけなので勉強しないといけません。

といっても完成した石けんを実際に使ってみないと分からないので、しばらくは適当でいいかなぁと思ったり。

はじめての手作り石けんを使うのが楽しみで仕方がありません。

【追記】ペットボトルでオリーブオイル(キャスティール)石けんを作ってみました。

【追記】石鹸を作りすぎてしまったのでレシピ・材料別に使用感ランキングしてみました。

頑丈で匂い移りしないパイレックスは料理に石けん作りに大活躍。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです