かわいい!簡単!長く使えるワンサイズ布おむつカバーがおすすめ

時が経つのは本当に早いもので息子が生まれてもうすぐ1年が経とうとしています。

あっという間の1年。

最近歩きはじめた息子は薄かった髪もだいぶフサフサに。大きな成長を感じる毎日です。

成長といえば超面倒くさがりのわたしが1年間布おむつ育児を続けてきたことも成長のひとつです。

大変そう。面倒くさそう。古くさい。こんなネガティブなイメージを抱いていた布おむつ。

これならできるかも!と思い、使いはじめたのはモダンクロスナッピーと呼ばれるスナップボタンで簡単にサイズ調整できるワンサイズの布おむつカバー。

かわいい!簡単!お手入れも楽ちん!

この1年の息子の成長と共にフリーサイズ布おむつカバーの活躍ぶりをここにまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

布おむつ子育てを続けることができた理由

Colourful Cloth Nappies

実際にを使ってみる前は「もしかしたら途中でギブアップするかも」と思うこともありました。

ギブアップするどころか、今ではむしろ布おむつ育児を楽しんでいます。

当初は古くさい・見た目がイマイチ・心がウキウキしないというイメージを抱いていた布おむつ。

この1年間布オムツ子育てを続けることができたのは元気が出るビタミンカラーのおかげかなぁとも思います。カラーセラピーみたいな。

自分の気分によって色を選んだり。服の色と合わせてコーディネートしたり。見ているだけでも楽しい気分になります。

息子の成長と布おむつ

わが家で使っている布おむつは成長に合わせてスナップボタンで簡単にサイズ調整できるタイプのもの。

Modern Cloth Nappy

  1. 生後1カ月くらい → 一番小さいサイズにするため上下・左右ボタンでサイズ調整 → 少しブカブカな感じ
  2. 生後5カ月くらい → 左右ボタンでサイズ調整 → よく腹筋をしていた時期(生後2カ月半くらいから左右ボタンのみでサイズ調整するようになりました)
  3. 生後6カ月くらい → ボタンが中央に2つ残るようにサイズ調整 → 急成長を感じた時期
  4. 生後11カ月半くらい → ボタンが中央に3つ残るようにサイズ調整 → じっとしていないのでオムツ替えも一苦労

あとどれくらいオムツを使うことになるのか分からないけれど目安として3kg~15kgまで使えるのでまだまだいけそうです。

スポンサーリンク

苦労した(している点)と解決策

バタバタ動きまわるため生後6カ月くらいからオムツ替えがちょっと大変に。だからみんなはかせるオムツを使うんだ!と納得しました。

寝転ぶのがイヤなら立たせたままオムツをあてればいいか、と思い、立ったままオムツ交換するようになりました。

ちなみに夫は「立ったままオムツ交換なんてできない」だそうです。

買わなくてよかったもの

Nappy Inserts

普通のおむつライナー以外にテスト的に買ったエクストラカバー用おむつライナー(写真手前)。

かなり分厚く、もこもこし過ぎてオムツがずれてしまうことが多かったのでほとんど使いませんでした。

まとめ

布にするか紙にするかいろいろ迷ったけれど、布おむつにしてよかったです。

夜・外出時・チャイルドケアは紙オムツと使い分けしたことも、この1年間無理せず続けることができた理由のひとつだと思います。

土の中で完全に分解されるまで数百年、製造するために必要なエネルギーは布オムツの3.5倍といわれる紙オムツ。

環境への負担を少しでも減らすため、これからも無理をしない程度に楽しみながら布おむつ育児をつづけていきたいです。

カラフル!

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです