束ねる!留める!超簡単手作りカーテンタッセル・ホルダー

カーテンを変えるだけで部屋の印象は大きく違ってくるもの。

なかなかイメージ通りのカーテンが見つからないこともあるので、わが家のカーテンはほとんど手作りです。

多少手間はかかるものの、好きな布で手作りすることでイメージ通りの雰囲気に。お店で買うよりずっと経済的なのも嬉しいです。

カーテンといえばカーテンを束ねて留める布や紐。あのカーテンをとめるやつです。

名称は?と思い調べてみたところ、一般的にはカーテンタッセル、ホルダー、タイバック、カーテン留めと呼ばれるそう。

カーテンが手作りならついでにカーテン留めも作ってしまえ!というわけで作ってみることに。

スッキリまとまる!家にあるもので超簡単に作れる!お金がかからない!

カーテンタッセル・ホルダーのアイデアや作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

カーテンタッセルとは?

名称・呼び方

「カーテンをとめるやつ」としか思っていなかった紐や布にもちゃんと名前があるようで。

タッセルってなんだかおしゃれな響き。

調べてみたところタッセル(tassel)は

衣類・カーテンなどの端につける房飾り。

という意味だそうです。

『コトバンク』タッセル

なので厳密にいえば馬のしっぽみたいにフサフサしているのがタッセル。

その他フサフサしていないけれどカーテンを留める飾りのことをタイバックやカーテンホルダー、カーテン留めと呼ぶそうです。

  • ロープみたいなもの
  • 針金みたいなもの
  • マグネットが付いているもの

など世の中にはいろいろあるようで。

細かい違いはあるものの、「カーテンをサイドに寄せて留めるやつ」ってことでみんな仲間なのではないかと思います。

カーテンの留め紐にまつわる事故

近年カーテンを束ねて留める紐やブラインドの紐によって子どもが首を吊り上げられてしまうといった事故が多発しているようです。

先日、オーストラリアでも子どもがブラインドの紐で吊り上げられている映像がテレビで放映され、注意を呼びかけています。

紐は子供の手が届かない高い所に設置すること、また窓の近くにベッドや椅子、テーブルなどを置かないことも大切なポイントだそうです。

『あなたの健康百科』カーテンの留めひもに注意! 子供の首つり事故で傷害速報

わが家の手作りカーテン

やけに窓が多い家です。トイレやお風呂場用にも作りました。

勉強部屋・スタディールーム

DIY Curtains1

フィンランドで買ってきた大好きなマリメッコの生地。

ぼーっと眺めているだけでも楽しい気分になります。

子供部屋・キッズルーム

DIY Curtains2

息子が生まれる前に作った黄色と白のストライプカーテン。

安全ピンでマスコットを付けてみたところ、なんだか楽しげな雰囲気になりました。

茶の間・リビングルーム

DIY Curtains3

夫からのリクエストでIKEAの生地で作りました。テーマは「航海」なんだそうで。

カーテンホルダーがないのでクリップで留めています。

超簡単!手作りカーテンタッセル・ホルダーの作り方

  • 費用:家にあるもので作れる可能性大
  • 推定所要時間:約1分~2分
  • お手軽度:★★★★★ 簡単すぎる
  • 自己満足度:★★★★★ 即席&超安上がり

材料

DIY Curtain Tieback1

  • リボン
  • タコ糸・麻紐・革紐

など。

ふさかけ・フックなし

DIY Curtain Tieback5

  1. リボンを切る(目安:70cm~100cm前後)
  2. カーテンを束ねてリボン結び

以上です。

フック・ふさかけを付けたにもかかわらず、カーテンが短すぎてフックに届かないという残念な結果になったので急遽リボンで対応。

リボンの長さはカーテンを束ねたときの幅や厚さに合わせつつ、お好みの長さに。

カーテンがしわくちゃにならないように多少余裕を持たせて70cm~100cm前後の長さで切るとちょうどいい感じになると思います。

ふさかけ・フックあり

  1. タコ糸・麻紐・革紐を切る(目安:60cm~80cm前後)
  2. 両端を結んで輪を作る

紐の長さはカーテンを束ねたときの幅や厚さに合わせて調整します。

スポンサーリンク

こんな風にフックにかけて。

DIY Curtain Tieback6

カーテンをクルッと束ねてもう片方の輪をフックにかけます。

DIY Curtain Tieback2

カーテンがまとまった!

DIY Curtain Tieback4

即席なのにいい感じ。

DIY Curtain Tieback3

ちなみにふさかけ・フックはIKEAで購入しました。

が、はがせる粘着テープタイプにすればよかったなぁと後から気づきました。もう遅い。

まとめ

基本的には「切って結ぶだけ」の超簡単カーテンタッセル・タイバック。

カーテンの色柄や部屋の雰囲気に合わせてリボンの色・素材を選んでみたり、麻紐にビーズを通してみたりするのもまた楽しいのではないかと思います。

欲しいものが売ってないなら自分で作る。

不器用でも。面倒くさいことが嫌いでも。お金と時間をかけなくても。

ちょっと工夫すれば「あれ?意外にいける!」的なものを作ることができるんだなぁと。

そんなわけで次回はもう少し「かわいい!おしゃれ!」なカーテンホルダー作りにチャレンジしたいと思います。

【追記】簡単に作れるカーテンの作り方・縫い方をまとめてみました。

【追記】Tシャツをリメイクしてカーテン留めを作ってみました。

【追記】フックがなくても使えるカーテンタッセルを作ってみました。

これがタッセル。フサフサ。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです