断捨離で見つけたいらないものを売る!自宅でガレージセール開催

ちまたで話題の断捨離(だんしゃり)チャレンジから約1カ月。

家全体の片づけも一段落し、やっとダンシャリアンへの道が見えてきたような気がします。

これまでに「譲る」「物々交換する」を実践。

今回は「売る」ということでガレージセールにチャレンジすることにしました。

スポンサーリンク

ガレージセールの様子

アメリカではYard Saleといわれるらしいガレージセール(Garage Sale)。

ガレージセールで買ったおもちゃが実は呪いのおもちゃだったなんて映画もありました。

気軽にできる

フリーマーケットへの参加も考えたけれど

  • 家の前なので準備が楽
  • 出店費用がかからない
  • すぐトイレに行ける
  • すぐ息子のオムツ交換ができる

といろんな面で負担が少なく気軽にできるガレージセールに決定。

宣伝

「ガレージセールやりますよ」の宣伝は

  • 前々日くらいからクラシファイドウェブサイト(無料)に掲載した
  • Garage Saleと書いた紙を家の近くの柱に貼りつけた

くらいです。

当日の様子

合計2日間行いました。

1日目

  • 時間帯:午前6時~10時
  • 売ったもの:あやしいコレクターもの(ゾンビフィギュアや世界のビアグラスなど)や家庭用品、衣料品など
  • 価格帯:50セント~20ドル前後
  • 売り上げ:約300ドル

2日目

  • 時間帯:午前6時~10時
  • 売ったもの:1日目に売れ残ったものすべて
  • 価格帯:20セント〜2ドル
  • 売り上げ:約100ドル

さすが朝型オージー。予想通り6時~8時くらいにかけての来客が一番多かった印象です。

その後はポツポツ来客。9時30分くらいには「もう来ないだろうな」といった雰囲気でした。

こちらは2日目の様子。

Garage Sale

スポンサーリンク

売り上げ合計は約400ドル。思っていたよりも売れたのでちょっとびっくり。

不要なものが処分できた上にお金がもらえるなんてガレージセールってステキ。

気をつけたこと・学んだこと

  • 基本的に値札はつけずに口頭でコミュニケーション
  • 高く売りたい衝動にかられるときもあるけれど欲を出しすぎない

大切なのは売り上げではなく自分たちにとって不要なものを次に使ってくれる誰かを見つけることです。

2日目に売れ残ったものはすべてチャリティショップ(オプショップ)に寄付しました。

わが家の新ルール: 1つ買ったら2つ減らすBUY 1 REDUCE 2(or more)

家で使われずに眠っているより、ゴミとして環境に負担をかけるより、使ってくれる誰かの元に行く方が「モノ」も嬉しいはず。

家の中だけではなく、わたしたちの心もスッキリ身軽になりました。

ちょっとダンシャリアンに近づいた気がするけれど肝心なのはこれから。

というわけでこれを機会に新しいルールを設けることにしました。

やみつきになるスッキリ身軽感

厳密には

  • 食品・消耗品以外の雑貨や衣類
  • 自分たちで何かを買った場合 → 2つ減らす
  • プレゼントをいただいた場合 → 1つ減らす

といった感じのルールで実行中。

譲る・物々交換する・売る・寄付するを実践してあれだけ不要なものを減らしたというのにまだまだ減っています。

こんなにも。

Buy 1 Reduce 2

「もしかしたら使うかもしれない」と思って念のためしばらく放置。

放置して2週間ほど経過したけれど、やっぱり、なくても平気で全く困らないのでまたチャリティショップ(オプショップ)に寄付する予定です。

まとめ

最初はあれだけものを減らした後なので「もう減らせるわけがない・何を減らすべきか分からない」なんて思っていました。

  • 本当に必要なもの?
  • こんなにたくさん必要?
  • 他のもので代用できない?

ともっと掘り下げて考える癖をつけて自分たちのライフスタイルを見直すことで意外とあっさり「これ、いらないな」と判断できてしまうから不思議。

なんだか悟りの境地に達した気すらしてきます。

BUY 1 GET 1 FREE を卒業してBUY 1 REDUCE 2 生活を楽しもうと思います。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです