目指せゴミゼロ!世界の量り売りスーパーマーケットをまとめてみた

最近よく話題になっている(気がする)、使い捨てパッケージ未使用の量り売りスーパーマーケット。

「使い捨てパッケージを減らそう!必要な分だけ買って無駄を減らそう!ゴミを減らそう!」といったエコな買い物を推奨しているお店です。

海外も!日本も!合言葉はゴミゼロ・ゼロウェイスト(Zero Waste)!

「近所にこんなスーパーがあったらいいなぁ」という願いを込めて、世界の量り売りスーパーマーケットをザザッとまとめてみました。

スポンサーリンク

量り売りスーパーマーケットの買い物システム

お店によって扱っている食品は様々。

中には量り売りではなく個別包装されている商品もあるみたいだけれど

  • 容器持参またはお店で購入・レンタル
  • 量り売りで必要なものを必要な分だけ買う

が基本の買い物システムです。

  • 使い捨てパッケージ未使用=無駄な包装がない=ゴミが減る
  • 必要なものを必要な分だけ買う=食材を無駄にしない=ゴミが減る

といった好循環が生まれるってことです。

世界のゴミゼロな量り売りスーパー・食材屋さん

オープンしたぞ!するぞ!とちょっと話題になったゴミゼロ・ゼロウェイストをテーマにした世界の量り売りスーパーをだいたい時系列でザザッとまとめてみました(2014年7月時点)。

イギリス

Unpackaged

2006年にロンドンにオープンしたお店。

残念ながらすでに閉店してしまったようです。

『inhabitat』London’s Unpackaged Grocery Shop Eliminates Wasteful Packaging

オーストラリア

The Source Bulk Foods

現在ニューサウスウェールズ(New South Wales)州を中心に4店舗展開している量り売りスーパー。

もともとは2011年にオープンしたデリ&ジュースバーに40種類ほどの食品を取り扱う量り売りコーナーを設けていたとのこと。

その後、量り売りに特化したスーパーマーケットがほとんどないことに気がつき、2012年5月に1号店がオープンしたそうです。

シリアルやパスタ、お米、ドライフルーツ、小麦粉、ハーブ、スパイス、オイル、洗剤、バスソルトまで品揃えはなんと400種類以上!

オンラインショップもあるけれど実際にお店でいろいろと見ながら買い物する方が断然楽しそうです。

アメリカ

その1

in.gredients

2012年8月、テキサス州オースティンにできたお店。

ビデオが印象的です。

The US landfills 1.4 billion pounds of waste per day. 40 percent of that is…that’s just used once

1.4 billion poundsという量や単位がよく分からないけれどアメリカでは1日に10億ポンド以上(?)のゴミが排出されていて、そのうち40%が使い捨てパッケージみたいな感じではないかと。

かなり適当な解釈だけれど、いずれにしてもものすごい量のゴミだぜ!資源の無駄だぜ!ってことだと思います。

自分は一体どれだけのゴミを出して、どれだけの資源を無駄にしているのか。考えるとなんだかおそろしくなります。

その2

2014年中にコロラド州デンバーにオープン予定だそうです。

『INDIEGOGO』ZERO market – zero waste store coming to Denver

日本

上勝百貨店

スポンサーリンク

2013年1月(たぶん)にオープンした上勝百貨店。

2020年までに町のゴミをゼロにすることを目指し「ゼロ・ウェイスト政策」を宣言した徳島県上勝町にあります。

店内には図書館も併設。気に入った本があれば無料で持ち帰ることもできるそうです。町全体でゴミゼロってやつです。ステキ。

徳島県上勝町ゼロ・ウェイスト政策

上勝ゼロ・ウェイストアカデミー

 ベルギー

Robuust:The Zero Waste Shop

2014年7月(たぶん)、アントワープにオープンしたお店。

こちらのサイトによると、このRobuustが世界で5番目のゴミゼロ量り売りスーパーマーケットだそうです。

『Fresh Plaza』Belgium’s first packaging-free supermarket to open

ドイツ

Original Unverpackt

2014年9月、ベルリンにオープン予定とのことです。

『Inhabitat』Germany’s First Zero-Waste Supermarket to Open this Summer

まとめ

おそらく話題にならないだけであって、世界にはもっとたくさんのゴミゼロ・ゼロウェイストな量り売りスーパーがあると思います。

わざわざ話題になるということは、それだけ地球全体でゴミ問題が深刻化しているからなのかなぁと思ったり。

普通のスーパーではなく容器持参で八百屋さん、肉屋さん、魚屋さんなどで食材の買い出し、または普通のスーパーでも容器持参で肉や魚を買えば、ゴミゼロ・量り売りに近い状態で買い物することができるはず!

そうはいっても、まとめていろんな食材を調達できるスーパーはやっぱり便利だなぁと思ったり。毎回容器を持参するのはやっぱり面倒くさいなぁと思ったり。

なので、その中で「ゴミや無駄を減らすためにできることは?すべきことは?」を考える方が自分にとっては現実的だなぁと感じています。

いずれにしてもライフスタイルを見直すいいきっかけになりました。

ゴミゼロ・ゼロウェイストを実現するためにできることを考え、少しずつでもよいので実践していきたいものです。

ゴミいっぱい。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです