おいしいのはどれ?アップルサイダービネガー・リンゴ酢比較検証

髪のお手入れやスキンケア、料理、ダイエット、風邪対策など1本あると何かと便利な万能素材アップルサイダービネガー・リンゴ酢

リンゴ酢独特の味や香りにもだいぶ慣れ、今ではわが家の生活に欠かせない必需品となりつつあります。

その魅力を知ってからというもの、世の中にあるすべてのアップルサイダービネガーを試してみたい欲望がわいてきました。

どうせ飲むならおいしく飲みたいけれどメーカーや種類、価格もさまざまでどれを選んだらいいのか悩んでしまいます。

どんなリンゴ酢を選べばいいの?やっぱりオーガニックを選ぶべき?どれがおいしいの?飲みやすいのは?おすすめは?人気のメーカーは?おいしい飲み方は?など疑問がいっぱいです。

そこでスーパーマーケットで気軽に買える安いものから自然食品店で売っているちょっと高級なものまでいろいろ試してみることに。

一番おいしいのはどれ?アップルサイダービネガーの選び方のコツ、味や香りを比較検証、勝手にランキングしてみました。

スポンサーリンク

アップルサイダービネガー・リンゴ酢を選ぶ基準

こだわり派の意見・選び方

最初は「リンゴ酢なんてどうせみんな同じだろう」と思っていたけれど、調べてみたところ、実はそうでもないことが分かりました。

  • スーパーに売っているやつはやめておいた方がいい
  • プラスチックに入っているやつはやめておいた方がいい
  • オーガニックがいい
  • ろ過されていないノンフィルタータイプ(unfiltered)がいい
  • 低温処理処理されていないタイプ(unpasteurized)がいい
  • 飲むならマザー入り(mother)がいい

など。

こだわり派のアップルサイダービネガー選びのポイントは大体こんな感じです。

『New Health Advisor』Best Apple Cider Vinegar

マザー(mother)とは?

Compare Apple Cider Vinegar3

アップルサイダービネガーについて調べていると、やたら登場する言葉mother。

mother=マザー=お母さん。

マザーって何?と疑問に思い、調べてみたところ、どうやら酢の業界用語では栄養満点の酵素?酵母?みたいなものを指すそうです。

酢のお母さん。おかんエキス。

瓶の底にたまっている沈殿物がマザーではないかと思います。

この栄養満点マザーは

  • 加熱処理されていない
  • ろ過されていない
  • 精製されていない

というタイプのアップルサイダービネガーに入っているそうです。

こだわり派の見解としては「どうせ飲むなら栄養満点のマザー入りにしとけ」ってことではないかと。

今回選んだアップルサイダービネガー・リンゴ酢

スーパーで気軽に買える!コーンウェルズ(CORNWELL’S)

Compare Apple Cider Vinegar1

スーパーで気軽に買える安いアップルサイダービネガー。

たぶん読み方はコーンウェルズ。1895年頃からある老舗メーカーです。

日本でいうミツカンみたいな存在だと勝手に思っています。

750ml入りで約$4、2リットル入りで約$6なのでかなりお手頃価格。

安いので主に酢リンス首のポツポツ角質粒除去、料理などに使っています。

オーガニックではないけれど

  • 飲んでいいって書いてある
  • それなりにおいしい
  • 保存料なし
  • 香料なし
  • 甘味料なし

というわけで普通に飲んでいます。

どこまでこだわるか、気にするかの線引きが難しいところです。

ドラッグストアで安く買える!メルローズ(MELROSE)

ドラッグストアやスーパーマーケットの自然食品系コーナーで買えるアップルサイダービネガー。

おそらく読み方はメルローズ。リンゴ酢やココナッツオイルなどナチュラル系の食品やサプリメントを中心に取り扱っているオーストラリアのメーカーです。

今回はマザー入りのオーガニックタイプを購入。

500ml入りで約$6。オーガニックの割にはお手頃価格です。

ちょっと高いけれど大人気!ブラグ(BRAGG)

Compare Apple Cider Vinegar4

アップルサイダービネガーの代表格!世界中で大人気のリンゴ酢です。

「一体どこで買えるんだろう?」と思っていたら、健康・自然食品のお店にありました。

500ml入りで約$9でした。高くはないけれど安くもないって感じです。

味や香り比較検証

Compare Apple Cider Vinegar2

  • コーンウェルズ(CORNWELL’S)→濁りなし・琥珀色
  • メルローズ(MELROSE)→濁りあり・白っぽい中途半端な色
  • ブラグ(BRAGG)→濁りあり・オレンジピンク色

どれもアップルサイダービネガー・リンゴ酢仲間とはいえ、ずいぶん色味が違うものです。

ろ過されていないマザー入りのメルローズとブラグはやっぱり濁りがあります。

香り

  • コーンウェルズ(CORNWELL’S)→クセがなくアルコールっぽい香りがあまりしない
  • メルローズ(MELROSE)→鼻にツーンとくるようなアルコール強めの香り
  • ブラグ(BRAGG)→フルーティーだけれどアルコールの香りもする

精製されているコーンウェルズは未精製のメルローズとブラグに比べると、かなりやさしい香り。

メルローズは日本酒?と思うような香り。個人的には苦手です。

ブラグの方がリンゴっぽいというかフルーティーな香りがします。

  • コーンウェルズ(CORNWELL’S)→スッキリとしていて飲みやすい
  • メルローズ(MELROSE)→アルコールっぽい香りがちょっと気になる・酸味が強い
  • ブラグ(BRAGG)→香り高い・酸味が強い

どれも酢なので酸っぱいけれど酸っぱさの質やまろやかさ、味が微妙に違います。

総合ランキング

1位:ブラグ(BRAGG)

正直なところ、なんでそんなに人気があるのか不思議でした。

でも飲んでみて納得。色も香りも味も一番。おいしいです。

スーパーで気軽に買えるものではないので、主に健康ドリンクやお肌のお手入れに使う予定です。

パトリシア博士とポール博士の笑顔がまぶしい。

Compare Apple Cider Vinegar6

栄養満点のマザーが見えるので「今、わたしは体にいいものを飲んでいる」と実感できます。

Compare Apple Cider Vinegar5

2位:コーンウェルズ(CORNWELL’S)

2位はミツカンのようにスーパーで気軽に買えるお手頃価格のコーンウェルズ。

スポンサーリンク

マザー入りのオーガニックリンゴ酢に比べたら栄養価は低いかもしれないけれど、安くてそれなりにおいしいので。

主に料理や酢リンスとして使う予定です。

3位:メルローズ(MELROSE)

お手頃価格のオーガニックアップルサイダービネガーとはいえ、香りも味もアルコールっぽいので苦手。リンゴっぽさがない感じです。

お正月に飲む日本酒(お屠蘇)を思い出します。ビールは大好きだけれど日本酒は苦手なのできついです。

飲むときは「これは薬だ」と自分に言い聞かせながら飲みました。

おいしい飲み方

ずっと飲んでいると飽きてくるので

  • 水割り
  • お湯割り
  • 炭酸水割り
  • 緑茶割り
  • 紅茶割り
  • ハーブティー割り
  • リンゴジュース割り
  • ロック

などアレンジしながら飲んでいます。

中でも一番のお気に入りは炭酸水割り。胃や口の中がスッキリします。

番外編:おいしすぎる!Amazon1位のリンゴ酢

UCHIBORI JunRingosu3

ずっと狙っていたAmazonベストセラー1位のリンゴ酢「内堀醸造フルーツビネガー純りんご酢」を一時帰国したときに入手しました。

有機リンゴ果汁100%のリンゴ酢です。

  • まろやか
  • 飲みやすい
  • リンゴの味がする

飲んでみたらびっくり。若者風にいうと「やべぇ」ってくらいおいしいです。

さすが日本。さすがAmazon1位。もっと買ってくればよかったと激しく後悔しています。

【追記】Amazonで大人気の内堀醸造フルーツビネガー純りんご酢についてまとめました。

まとめ

色。香り。風味。まろやかさ。甘味。酸味。

「アップルサイダービネガーなんてどれも同じ」「オーガニックなんてどれも同じ」と思っていたけれどメーカーによってかなり違うのでちょっと驚きました。

素材や製法、栄養面以外にも気軽に入手できるかどうか?妥当な金額かどうか?といった点もリンゴ酢を選ぶ上で大切なポイントだなぁと思います。

おいしく飲んで健康に。

どうせ飲むなら飲むのが楽しみになるくらいおいしいアップルサイダービネガー・リンゴ酢を飲みたいものです。

【追記】Amazonで大人気の内堀醸造フルーツビネガー純りんご酢についてまとめました。

【追記】リンゴ酢と牛乳で作れるヨーグルトドリンクの作り方をまとめました。

納得の1位。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです