安全な赤ちゃんのおしりふきがいい!皮膚かぶれの原因かも的な成分

手をふいたり、顔をふいたり、何かと便利なおしりふき。

わが家ではできるだけおしりふきを使わないぞチャレンジ中。

基本的に家では布、外出時は市販のおしりふきを使うことにしています。

繊細な赤ちゃんの肌はちょっとした刺激でも湿疹やかぶれなどの皮膚トラブルを起こすことがあるので、市販のおしりふきは慎重に選びたいもの。

先日スーパーマーケットALDIに行ったところ、オリジナルおしりふきがリニューアル。

皮膚トラブルやホルモンバランスが崩れる原因となる可能性があると研究発表された2種類の成分が無配合になっていました。

デリケートな赤ちゃんのお肌を守るためにも念のため覚えておきたいのでちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

敏感な赤ちゃんのお肌にやさしい

まず新パッケージと旧パッケージを比べてみます。(上:新パッケージ 下:旧パッケージ)

ALDI Baby Wipes1

相変わらず変な顔のコアラらしき絵は健在。

大きく異なる点は

  • NOW M.I FREE
  • PARABEN FREE

といったあたり。

M.I無配合

ALDI Baby Wipes2

M.Iってもしや!

今年初めにかぶれや湿疹、アレルギーと関係しているかもね、という研究が発表されたMethylisothiazolinone(メチルイソチアゾリノン)と呼ばれる防腐剤です。

『Health Day』Preservative in Baby Wipes Linked to Rashes in Some Children

このニュースを知って以来、わが家ではALDIおしりふきの使用を一旦やめていました。

基本的に布おしりふきを使っているので市販のおしりふきを使う頻度は少ないけれど、もし、反応して皮膚トラブルが出たら大変だなぁと。

あまり神経質になるのはイヤだけれど息子の無防備な肌を守るために念のため、といった感じです。

化粧品などに含まれる成分は皮膚に浸透してそのまま体の中に蓄積されるそうなのでその点も気になります。

全員に反応が出るわけではなく、長く使える状態を保ってくれるのも防腐剤。

一概によいとも悪いともいえないのが難しいところではあります。

パラベン無配合

ALDI Baby Wipes3

よく耳にするPARABEN(パラベン)は防腐剤の一種。

デンマークではPropylparabens(プロピルパラベン)とButylparabens(ブチルパラベン)という2種類のパラベンを3歳以下の乳幼児向け製品に使用することが禁止されました。

スポンサーリンク

『Science Nordic』Stricter EU rules on parabens

発表された研究によるとホルモンバランスが崩れる原因となったり、長期間の利用によってガンを誘発する可能性も考えられるそう。

この発表内容には賛否両論あり、まだまだ研究が必要な分野だそうです。

パラベンはいたるところで見かける身近な存在なのでとても貴重な情報だなぁと思います。

成分比較

パッケージに記載されている成分を比較。

旧パッケージの成分

ALDI Baby Wipes4

新パッケージの成分

ALDI Baby Wipes5

比較といってもひとつひとつの単語の文字数が長すぎて難しすぎて、もう何がなんだか分かりません。

とりあえずパッと見た感じでは全体的に配合されている成分の種類が減っています。

その他Methylisothiazolinone(メチルイソチアゾリノン)、 Methylchloroisothiazolinone(メチルクロロイソチアゾリノン)、その他各種Paraben(パラベン)類の文字が消えてるかな、といった印象です。

まとめ

お手頃価格(1パック80枚入り約$2.60)もそのまま。

発ガン性物質が入っていない自然派ベビーシャンプーの価格は普通のベビーシャンプーの2倍と言っていたどこかの大企業とはちょっと違う。

こうした世の動きや消費者の声を製品作りに反映させることって簡単なようで難しいことだったりします。やるねぇALDI。

赤ちゃんや子どもの肌は大人よりもずっと傷つきやすくてデリケート。これからも肌にやさしいものを選んでいきたいです。

お肌にやさしいオーガニックコットン。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです