DIYで収納力大幅アップ!カーテンつけて押入れ・クローゼット改造

わが家は築40年以上の中古住宅。

インテリア雑誌に載っているような海外のステキな家のイメージとは大きくかけ離れた古い家です。

古い。ボロい。暗い。汚い。天井が低い。収納が少ない。なんか恥ずかしい。

DIY・リフォーム・メンテナンスが必要な部分が多すぎて頭の中は妄想でいっぱいです。

中でも許せない!と感じるのは押入れみたいな感じの備え付け収納棚。

やけに重くて開けにくい扉。開けるたびに木のくずがポロポロと落ちてくるドア。

「とにかく邪魔、この変なドアさえなくなれば・・・今すぐどうにかしたい」と思い切ってドアを取り外してみることに。

ペンキを塗ってドアの代わりに目隠しとしてカーテンをつけてみたところ、なんだかいい感じの仕上がりになりました。

収納力アップ!見た目もおしゃれ!カーテンで気軽に模様替え!

わが家の押入れ・クローゼットのプチ改造の様子をここにまとめておきたいと思います。

スポンサーリンク

取り外したい!ドア・扉・ふすま

Wall Storage1

作業に夢中になりすぎてドアの写真を撮るのをすっかり忘れてしまったけれど、この小さなドアの大きいバージョンを取り外しました。

  • ドアが重い
  • ドアが古い
  • 開閉時にガタガタと引っかかる
  • 滑りが悪い・スムーズに開閉できない
  • ドアの開け閉めが疲れる
  • 必要なものがすぐに取り出せない
  • ドアに引っかかって何も収納できない箇所がある
  • タオルやシーツに木のくずが付着する
  • 壁みたい
  • 周辺が暗くて重い雰囲気

と取り外したい理由が盛りだくさんです。

実家の押入れのふすまなんか比べ物にならないくらい重いです。

もう本当にイヤ。ストレスです。

ドアを取り外して簡単DIY・リフォーム

  • ドアを取り外す
  • 掃除する
  • ペンキを塗る
  • カーテンを作る
  • カーテンをつける

みたいな感じでDIY・リフォーム。

取り外したドアは捨てるべきか、捨てずに取っておくべきか迷ったけれど、置く場所がなくなったので粗大ゴミとして処分しました。

ペンキは白色。適当にちゃちゃっと塗りました。本当に適当に。

備え付け収納1

まず最初に取りかかったのは廊下にある中途半端な押入れみたいな収納。

わが家のメイン収納です。

スルスルと開くカーテン。なんて快適!

Wall Storage3

右からも左からも真ん中からも必要なものがすぐ取り出せます。

Wall Storage4

布なのでちょっと大きいものでも楽々収納。

Wall Storage5

カーテンの取り付け

カーテンを取り付ける道具はIKEA(イケア)で調達。

  • カーテンワイヤー(DIGNITET)
  • カーテンフック・クリップ(RIKTIG)

を使用しました。

ステンレススティールがいい感じ。

補強するために固定具を1つ追加。

開け閉めするときカーテンがシャッ!

カーテン

カーテンはIKEAの生地で手作り。

お手頃価格で丈夫、デザインも豊富なのでおすすめです。

作り方も簡単。今回のようにクリップで留めるタイプであれば四辺を三つ折りして直線縫いするだけです。

季節や気分の変化に応じて気軽に模様替えできちゃいます。

【追記】簡単に作れるカーテンの作り方・縫い方をまとめてみました。

スポンサーリンク

備え付け収納2

あまりにも快適なので調子に乗ってついでに寝室のクローゼットのドアも取り外すことに。

疲れた&ペンキがなくなったのでペンキは塗りませんでした。手抜きです。

全体的に軽やかな雰囲気に。

Wall Storage6-1

こっちはわたし。開け閉めが楽ちんです。

Wall Storage7

こっちは夫。汚くなってもカーテンでササッと目隠しできます。

Wall Storage8

全体的に収納が少ないわが家ではドア裏もしっかり活用。

Wall Storage9

カーテンの取り付け

廊下の備え付け収納と同じようにIKEAで調達しました。

  • IKEAのカーテンワイヤー(DIGNITET)
  • IKEAのカーテンフック・クリップ(RIKTIG)

カーテン

今回は手作りではなく、IKEAのカーテンを少し短く調整しました。

カーテンの裾上げは手抜きをしてIKEAのアイロン圧着式裾上げテープ(SY)を使用。

やり方が悪かったのかすぐにほつれてきたので「こんなことなら縫えばよかったなぁ」とちょっと後悔しました。

まとめ

基本的にドアは取り外すべきものではないと思うので、ドアを取り外すときは「やってはいけない悪いことをしているんじゃないか」とものすごくドキドキしました。

  • 上の小さなドアも取り外せばよかった
  • ペンキをキレイに塗るべきだった
  • カーテンをしっかり縫うべきだった

と反省点もたくさんあるけれど思い切って取り外してよかったなぁと。

収納スペースが増えただけではなく、よく使うものや必要なものがすぐ取り出せるので本当に便利。生活の流れが全体的にスムーズになったような気がします。

ストレスの原因となっていたドアを取り外したことで、心が軽やかになりました。

それにしてもカーテンや布って便利。軽やかに風に揺れるカーテンもまたいい感じです。

この家に引っ越した当初は収納が少なくて不便だなぁと感じていたけれど、なんらかの制限や限りがあるからこそ工夫するし、意外な発見もあるのではないかと。

大切な家。この先どう変化していくのか楽しみです。

【追記】上にある小さな押入れ(天袋)のドアも取り外してIKEAで簡単DIYしてみました。

DIYデビューはIKEA。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです