うわっ!いらない!もらって困った義母からのプレゼント

今年は家のDIY・リフォームに力を入れるぞ!と昨年末から意気込んでいるわが家。

まずは手はじめに「いるもの」と「いらないもの」の分別からスタートしました。

定期的に見直しているので仕分け作業自体はそれほど大変ではないものの、見るたびに「一体どうすりゃいいんだよ!」と叫びたくなるものがあります。

それはお義母さんからのプレゼント。

いらないけれど捨てることもできない。リサイクルショップに寄付したいけれどバレるかもしれない。もうどうしていいか分からない、もらって困るプレゼント。

そんなこんなで何年も使わずに保管しているものが結構あります。

見直し・整理をするたびにわたしの頭を悩ませる・悩ませたお義母さんからの贈り物。

ありがたい。でもいらない。どうしよう。

感謝の気持ちを込めつつ、プレゼント選びの反面教師として学びつつ、もらって困ったプレゼントをここに記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク

お義母さんからもらった素敵なプレゼント

Canada Eco Bag1

おしゃれなお義母さん。

カナダのエコバッグや息子への絵本など、もらって嬉しかった素敵なプレゼントだってもちろんあります。

基本的にセンスはいいなぁと。ただ、たまに「どうしたっ!」って思うようなものが。

つかみどころのない日本人嫁の趣味がいまいち理解できず、お義母さんもいろいろ悩んだのだろうと思います。

ちなみにオーストラリアでは「ギフトカードや商品券をプレゼントして、もらった人は好きなものを買えばいい」という現実的な考え方はあまり好まれないそうです。

「相手のことを考えながら選ぶ」ことに意義があるそうで。それは分かるけれど。でもね・・・っていう。

仏像

Mother In Law Gifts12

大人気の仏像。エキゾチックなアジアっぽい感じが人気の秘密です。

基本的にアジアンテイストは嫌いではないけれど上手に使いこなせないし、家にも合わないなぁと。

さすがにこんなに大きな仏像をもらったことはないけれど

  • 人間の頭くらいの大きさの頭だけ仏像
  • 高さ30cm程の七福神みたいなやつのお香立て
  • 高さ50cm程の手がいっぱいある系仏像の置物

などをプレゼントされたことがあります。

人気がある=誰でも喜ぶと思ったら大間違いだ。

夫はわたしの実家の仏壇を見て「Cool! カッコイイ!」と言ってたので。しかもショッピングセンターの仏壇コーナーを見て「家に欲しい」と言っていたので。

そんなもんだろうと思います。文化、風土の違いということで。

ある一定の期間飾ったら隙を狙ってリサイクルショップに寄付したり、「息子が壊すかもしれないから」と適当な理由をつけてお義母さんの友達に引き取ってもらったりしました。

ペアパジャマ

わたしと夫のおそろいパジャマズボン。ズボンだけです。

いかにもカナダなメープル柄。かわいい。

Mother In Law Gifts2

Lazy One。決して嫌いではないけれど個人的に「夫とおそろい」という点に抵抗があります。なんかイヤ。

Mother In Law Gifts3

ちなみに本当は親子3人おそろいにしたかったようで、息子にはこんなに可愛いつなぎパジャマを選んでくれました。

Mother In Law Gifts1

仏像置物と違って実用的な上に着心地も悪くないのでたまに着ています。

でも夫とおそろいで着るのはやっぱり抵抗があるので、そろそろ息子用のショートパンツや長ズボンにリメイクしようかと目論み中です。

お義母さんも、自分の息子(夫)と孫(息子)がおそろいパジャマを着ている方が嬉しいのではないかと思います。と都合のいいように解釈。

手作りアクセサリー

数年間、カナダからセーターをリサイクルして作ったという手作りアクセサリーを送ってくれました。

デザインは決して悪くないと思います。が、普段アクセサリーはほとんどつけないし、結婚指輪もたまにつけるくらいなのでどうしたもんかと。

Mother In Law Gifts4

そんな矢先「あれは飼ってるプードルをヘアカットしたときの毛で作ったらしいよ」と夫。なんか衝撃的。

Mother In Law Gifts5

スポンサーリンク

セーターなのか。プードルの毛なのか。気になるけれど下手に話題を出して「ネックレスつけてる写真送って」とか言われたら面倒なのでこのまま沈黙を貫こうと。

話題を出さなくても、ある日突然「あのネックレスどう?」と電話やメールで聞かれる可能性があるので、なかなか処分できません。

折を見てリサイクルショップに寄付しようと思います。

漢字アクセサリー

これ。これは最強。寿の旧字体。しかもチェーンなし。

Mother In Law Gifts6

もはや、どっちが表でどっちが裏なのかも分からない。というより、どっちでもいい。

Mother In Law Gifts7

しかも夫とおそろい。ペア。

Mother In Law Gifts8

いつもはシャツの中に入れているのでセーフ。

Mother In Law Gifts9

何かの拍子に外に出ちゃうと完全にアウト。

Mother In Law Gifts10

せっかくなので自分も。

Mother In Law Gifts11

長いことベトナムに住んでいたお義母さん。夫がお義母さんに会いにベトナムに行ったときに購入したそうです。

「意味分かってるの?」と聞いてみたところ、「Long life(長生き)!」と誇らしげに答えてくれました。

やっぱり漢字はカッコイイみたいで。もう何年もつけているので愛着があるようで。

なんとか外してもらおうと思い、息子が生まれたのをきっかけに「赤ちゃん抱っこするときに邪魔だし危険だから外して」と言ってみたけれど全く効果なし。

日本に帰るときだけは「何があっても人に見せるな」と言っています。

調べてみたところ、どうやら漢字アクセサリーは結構人気があるようで。好きな漢字でオリジナルアクセサリーを作る人もいるみたいです。

わたしにはちょっと無理なので、これも折を見てそーっとリサイクルショップに寄付しようかと目論んでいます。

まとめ

仏像や変なアクセサリーの他にもティーン向けの服などもろもろ。

ありがたいんです。本当にありがたいんです。

わたしのようなダメ嫁やわたし達家族のことを思ってプレゼントを選んでくれる気持ちはとても嬉しいし、ありがたいのです。でもね・・・

ただ家に突然来るわけでもないし、頻繁に会うわけでもないので、離れているだけまだいいのかなぁと思ったりもします。

「離れてるんだから、さっさとリサイクルショップに寄付しちゃえ」と思ったり。でもバレたら怖いなぁと思ったり。

ちなみに夫がお姉さん(お義姉さん)からもらった「いらないもの」を即効チャリティショップに寄付したところ、そこはお姉さんがよく立ち寄るお店だったらしく「なんで捨てたのよ!」と家に乗り込んできたことがあります。怖い。

自分が好きなもの=相手も好きとは限らない。プレゼント選びって本当に難しい。

贈る相手の趣味嗜好、ライフスタイルなどをしっかり考えることが大切だなぁと強く思いました。

サムライ傘は好き。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです