肌にやさしい!アロマのいい香り!手作り重曹洗濯洗剤の作り方

先日「洗濯してもいい香りがしないから洗った気がしない」といつも積極的に洗濯をしてくれる夫から物申されました。

また面倒くさいこと言ってるなぁと思いながらも一理あると納得。

木の実ソープナッツや環境にやさしい系粉末洗剤を使い切ってからというもの、ここ半年ほどわが家の洗濯は洗剤・柔軟剤不要で水そのものを洗浄力のある水に変化させるといわれる洗濯エコボールが基本。

洗濯物の汚れ具合に応じてたまに重曹を使う程度なので香りが欲しい、スッキリ感が物足りないという気持ちはよく分かります。

シャツの袖が内側に入ってグシャッとなったままだったり、靴下が丸まっていたり、服がシワだらけだったりなど多少不満はあるものの、進んで洗濯をしてくれる夫のやる気を損ねてはいけないと。

そんなわけで夫の意見を尊重して「いい香りがする」洗濯洗剤を手作りしてみることにしました。

そこで今回は石けんや重曹など手軽に入手できる材料を使って作る大人から子ども、ペットまで家族全員使える安全でやさしい手作り洗濯洗剤の作り方・レシピをご紹介します。

スポンサーリンク

手作り洗濯洗剤アイデアを練る

Ecoball & Eucalyptus

現在の状況

かれこれ半年ほど使っている洗濯エコボールと重曹。

イマイチ洗い上がりがスッキリしないことは分かっていたけれど「洗剤とは違うし、そういうもんだね」と割り切っていました。

洗濯エコボールは1000回使えるらしいし、まぁいいかと放置していた感じです。

洗濯エコボールを基本に何かひと工夫すればいいのでは?と考え、まずは試しにシミ・黄ばみに効果的といわれるさわやかな香りが特徴のユーカリエッセンシャルオイルをキャップ1杯加えて洗ってみることに。

予想通り、洗い上がりスッキリさわやか。エッセンシャルオイルの中でもお手頃価格で多機能なユーカリはわが家でも大活躍しています。

お手頃価格とはいえ毎回キャップ1杯使うのはもったいない。いい香りだけれどわたしには少し強い気がしたのでこのアイデアは却下としました。

重曹も市販の洗剤と比べると安くて便利なのでついつい使ってしまう傾向があります。

安いといっても家全体でかなりの量を使っているはずなので使用量や予算を管理しながら有効活用したいところ。

洗濯に関していえば、あれこれ試してきたのでそろそろ「洗剤はこれ」と決めてしまいたい気分です。

重視するポイント

  • 大人・子ども・ペット家族全員使える安全なもの
  • 環境にやさしいもの
  • 肌にやさしいもの
  • 財布にやさしいもの
  • あまり手間がかからないこと
  • 手軽に入手できる材料であること
  • やさしいだけではなく汚れをしっかり落とすもの
  • いい香りがするもの

これらの重視ポイントをふまえて早速リサーチ。

世の中でよく使われている材料

ザッと調べてみたところ

  • 石けん
  • 重曹
  • ホウ砂/ホウ酸ナトリウム(Borax)
  • クエン酸(Citric Acid)
  • 炭酸ソーダ(Washing Soda)
  • 炭/備長炭
  • エッセンシャルオイル/アロマオイル

などが手作り洗濯洗剤の材料として使われている様子。

ホウ砂/ホウ酸ナトリウムはゴキブリ対策に使われるものだと思っていたけれど、どうやら洗濯にも使えるらしいです。

世の中いろんな洗濯方法があるもんです。

材料選び~ステップ1

「手軽に入手できる材料であること」を重視して、まずはパッと見てあまり聞きなれない、手軽に入手できない材料を消去。

候補として残った材料は全部で4つになりました。

  1. 石けん
  2. 重曹
  3. エッセンシャルオイル/アロマオイル

材料選び~ステップ2

つづいて候補として残った4つの材料と洗濯の関係性について考えてみることに。

  1. 石けん → 汚れがよく落ちそうなので使いたい
  2. 重曹 → 汚れは落ちるけれど「石けんでいいじゃん」と思う部分もあるので迷う
  3. 塩 → よく分からない
  4. エッセンシャルオイル/アロマオイル → 香りづけに絶対欲しい

材料選び~ステップ3

洗濯洗剤の材料として使う理由がやや曖昧な重曹と塩についてサラッと調べてみることにしました。

重曹と洗濯

重曹には

  • 汚れ落とし
  • 柔軟効果
  • 漂白
  • 消臭

といった効果があるそう。この点に関しては重曹を使った煮洗い実験でわたしも実感しました。

一方で実は重曹は洗濯に不向きであまり意味がないといった情報も発見。重曹も重曹なりにいろいろ大変みたいです。

『石鹸百科』重曹洗濯について

炭酸ソーダと洗濯

さらに調べてみたところ、どうやら「材料選び~ステップ1」で消去した炭酸ソーダ/炭酸ナトリウム(Washing Soda)の方が洗濯向きらしいことが判明。

アルカリ性が強い炭酸ソーダは

  • 高い洗浄力
  • 石けんカスの発生を防ぐ

といった効果が期待できるそうです。

『石鹸百科』炭酸ソーダでの洗濯

重曹から炭酸ソーダが作れる

そんなにすごいなら炭酸ソーダが欲しい。でもどこに売っているのかよく分からない。

あきらめモードに突入した矢先、なんと「炭酸ソーダは重曹から作れるよ」情報発見。嬉しい。

『About.com』How to Convert Baking Soda to Washing Soda

そんなわけで炭酸ソーダは手作り洗濯洗剤の材料に返り咲きました。

塩と洗濯

塩は

  • 色落ち防止
  • 消臭
  • 血液汚れ落とし

などに効果があるそう。塩と石けん混ぜたらダメよ的な情報もチラッと見かけた気がするけれど、まぁいいかと。

『lifehacker』洗濯物の色落ちは「ひとつまみの塩」でストップできる!?

手作り洗濯洗剤の材料決定

参考レシピ

材料が分かりやすく、手軽に入手できそうな印象のレシピを参考にしました。

レシピ1

オーストラリアでスーパー節約主婦として有名な方のレシピ。

1 bar of pure laundry soap ( or soap of choice )

1 cup of bi carb of soda

1 cup of Lectric soda

  • 洗濯用の固形石けん(または普通の石けん) 1個
  • 重曹 1カップ
  • 炭酸ソーダ 1カップ

みたいな感じではないかと。計量カップのサイズは日本の200mlではなく250mlです。

『My Abundant Life』Making Laundry Powder

レシピ2

たぶんアメリカのどこかに住んでいる方のレシピ。

6 cups washing soda

Three bars of 4.5 – 5 ounce soap, finely grated (One made with coconut oil works best)

Optional – lemon essential oil

  • 炭酸ソーダ 6カップ
  • 固形石けん 3個
  • レモンエッセンシャルオイル(オプション)

という感じ。固形石けんはココナッツオイルベースがベスト!だそうです。

『 MOMMYPOTAMUS』How To Make Natural Laundry Detergent (Borax-Free)

メインの材料

そんなわけで材料決定。メインの材料は3つ。

  • 固形石けん 3個(80gx3=240g)くらい
  • 重曹 500g
  • 炭酸ソーダ/炭酸ナトリウム 1000g

石けんは植物油ベースの無添加。今回はたまたま安くなっていたココナッツソープにしてみました。やや小さめサイズの石けんだったので次回はもう少し多め(300g~500gくらい)に入れてもよいかなぁと考えています。

重曹は入れるかどうか迷ったけれど「重曹煮洗い実験」で検証した柔軟・漂白・消臭効果に期待して。

炭酸ソーダは探し回ったけれど結局見つけることができなかったので作ることにしました。

分量は仕入れた材料に合わせてなんとなくキリのいいところで決めた感じです。今回の仕上がりを見て次にまた作るときに調整していこうかと。

オプション

DIY Laundry Powder4

  • 塩 200g~250g
  • エッセンシャルオイル/アロマオイル 40~50滴(お好みで増やしてもOK)

塩は初めての手作り洗濯洗剤なので少しこだわってみようと思い、ピンク色が可愛いヒマラヤ岩塩にしてみました。

今回はユーカリエッセンシャルオイルで香りづけすることに。

費用

ざっくり計算です。

  • 固形石けん 3個(80gx3=240g) → $6.00(1個$2.00)
  • 重曹 500g → $1.80
  • 炭酸ソーダ 1000g → $3.60
  • 塩 200g → $4.95
  • エッセンシャルオイル/アロマオイル 40滴 → 約$0.40

合計 $16.75

$16で約2kg分の洗剤ができる、という計算。

初めての手作り洗剤なのでこだわってみたものの、高い!塩と石けんにお金かけすぎ!といった印象です。次回から予算重視でいこうかと。

予算に応じてもう少し安くしたり、もっと素材にこだわってもよろしいかと。

洗濯洗剤(粉末)の作り方

1. 炭酸ソーダを作る

DIY Laundry Powder1

スポンサーリンク

市販の炭酸ソーダを入手できるならこの工程は不要です。

オーストラリアにも売っているらしい炭酸ソーダ。残念ながらわたしは見つけることができなかった(探すのが面倒くさかった)ので作ってみることにしました。

作り方は簡単。

  • 重曹をオーブントレーに入れる
  • 200℃に温めたオーブンに入れて途中全体を混ぜながら45分~60分くらい焼く
  • 冷ます

以上です。

長時間空気に触れることによって重曹に戻る可能性もあるので、作り置きする場合は空気を通さない密閉容器に保存するのがよいそうです。

『MOMMYPOTAMUS』How To Make Washing Soda From Baking Soda

2. 石けんを細かく削る

炭酸ソーダを作っている間に石けんを細かく削ります。

DIY Laundry Powder2

かなり疲れるのでフードプロセッサーが欲しいところです。

DIY Laundry Powder3

3. 材料を混ぜる

重曹、炭酸ソーダ、石けん、塩を混ぜます。なぜかくしゃみがいっぱい出ました。

DIY Laundry Powder5

ピンク色の塩が全く目立たないので、もう少し大きめの荒い粒タイプにすればよかったなぁと思います。

DIY Laundry Powder6

4. 香りづけ

いよいよ香りづけです。お好みのエッセンシャルオイル/アロマオイルを40滴~50適加えて全体的に混ぜたら手作り洗濯洗剤の出来上がり。

多めに作ってしまったので2つのボールに分けて、そのうち一方をユーカリで香りづけしました。

DIY Laundry Powder7

5. 容器に移す

混ぜ終わったら密閉容器に入れます。

基本的にはスプーン1杯で十分そうなのでドサドサ大量に洗剤を使う傾向がある夫にやんわりと無駄づかい防止メッセージも添えて。

DIY Laundry Powder8

もう片方のボールに分けた洗剤はこっそり女子用(=自分用)にラベンダーとレモンで香りづけ。最高です。レモンとラベンダーを混ぜてもよさそう。

DIY Laundry Powder9

シャカシャカ混ぜていたら夫に見つかってしまい「ユーカリもレモンかラベンダーにして」と注文。

「もうユーカリはユーカリだから」と説明しつつ、うっすらとレモンの香りがするようにレモンエッセンシャルオイルも数滴追加しました。

手作り洗濯洗剤を使ってみた感想

Cloth Nappy

洗い心地・使用感

まず最初に洗ってみたのは効果が分かりやすい息子の布おむつ。

中には大きなウンチをしたときの布オムツも混ざっていたけれど汚れスッキリ。イヤな臭いも残らず大満足な洗い上がりです。

つづいて洗ってみたのは衣類。

洗い上がりの香りもきつくなく、ふんわりとやさしい香りが漂う感じです。

洗濯エコボールと重曹よりキレイに洗い上がるのはもちろん、気分的にもなんとなく洗濯が楽しくなりました。

スプーン1杯で十分だけれど布オムツや作業着、ペットのベッドなど多少臭いが気になるものはスプーン2杯にするなど調整すればよろしいかと。

もっとフワフワにしたい場合は柔軟剤として仕上げに酢を入れてもよさそうです。

洗剤の溶け残りが減るかも

市販の洗剤を使っていたときに一番気になっていたのは洗剤の溶け残り。

たまたま見ていたニュース番組に登場した洗濯機の修理屋さんが、故障した洗濯機を見ながら「ほら、溶け残った洗剤がこんなにびっしり張りついてるでしょ」と言っているのを見て以来、これはどうにかしないとまずいな、と思いはじめました。

手作り洗濯洗剤を使うようになってから洗剤ケースや洗濯物に溶け残りがほとんど見られないので、洗濯機への負担も減らせるのではないかなぁと考えています。

【追記】泡立ち

石けんを使った手作り洗剤は「本来は泡立たないとダメらしい」とのことで「洗い上がりはいいけれど泡立たない」といったご指摘・ご意見を何件かいただきました。

洗濯をする際に「泡立っているかどうかを気にしたことがない」というのが正直なところで、
分量通りに作ってもほとんど泡立たちません。すみません。

オーストラリアのスーパー節約主婦も「泡立ちがいいレシピではないですよ、たくさん入れたからといって泡立つわけではないですよ」と言っているのでこんなものなのかなぁと。

This laundry powder will not give you lots of suds in the washing machine. Do not be tempted to add more to get the suds.

『My Abundant Life』Making Laundry Powder

「ちょっとは泡立ちを気にしてみよう」と思い、何度か石けんの量を増やして作ってみたところ、泡が出るというよりも白く濁るという感じでした。

泡立つけれどお湯は透明のままのバブルバスや食器洗剤、お湯に入れると泡立ちがなく白く濁る固形石けんや固形石けんベースの食器洗剤と同じような原理なのかなぁと考えています。

なので「泡立ちが欲しい!」という方には不向きなレシピだと思います。

まとめ

香りがずっと持続するような市販の洗剤や柔軟剤にはかなわないけれど肌への刺激が少なく、環境への負担が減らせるのでわたしも大満足。夫も大喜びです。

大人も子どもも同じ洗剤なので洗濯前に衣類を仕分けする手間が省けるのも嬉しいところです。

過去に繊維に反応してかゆくなったり洗剤にかぶれたりした経験があるので、より繊細な息子の肌を守るためにもやさしい洗剤を使いつづけていきたいなぁと思います。

石けん削りは疲れたけれど、やっぱり楽しい手作り。今後も「作れるものは作る」をテーマに家の中に手作りを増やしていこうと思います。

炭酸ソーダが欲しい。

関連ネタ

関連ネタ

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです