家庭でできるエコ!コンポストとは?生ゴミ堆肥作りチャレンジ

エコライフのひとつ、というよりも毎年容赦なく値上がりする電気代対策としてソーラーパネルを導入したわが家。

太陽の恵みって素晴らしい。

ソーラーパネルにつづいて導入したのは生ゴミを堆肥化させる容器コンポスター(Composter)です。

目指せごみゼロ!というわけでできるだけゴミを出さない生活の実現を目指します。

スポンサーリンク

コンポストの意味

あまり聞きなれない言葉、コンポスト。

本来は園芸用の配合土,堆肥と同義であるが,近年はごみなどの各種の生物性廃棄物をそのまま,または適当な資材を加えて堆積発酵腐熟させたものをいう。

『コトバンク』コンポスト

生ゴミなどを発酵させて作った堆肥がコンポストってことで。

生ゴミを堆肥化させる容器コンポスター選び

下見へ

まずは下見にホームセンターBunnings Warehouseへ。

どうせ2種類くらいだろうという予想に反して軽く6種類以上ありました。

Composter1

価格や形状も様々。一体どれを選んだらよいのか、さっぱり分かりません。

Composter2

夫のこだわり

隣で厳しい顔つきでコンポスター選びをする夫によると

  • 地面にそのまま置くタイプはワンコたちが食べ物のにおいにつられて容器を倒す
  • ゴミが散乱する

といった可能性があるためクルクル回すタイプじゃないとダメ、だそうです。

クルクル回すタイプは$200くらい。高い。

コンポスター購入・設置

クルクル回すタイプが思っていたよりも高かったのでひとまず保留にしよう、と思った矢先スーパーマーケットALDIでコンポスター発見。

キッチン用コンポスター

こちらはキッチン用の小さめコンポスター(Bench Top Composter)。

スポンサーリンク

Bench Top Composter

キッチン用コンポスターに生ゴミがたまったら外に設置している大きいコンポスターに持っていく、という流れで使用します。

外用コンポスター

こちらは外に設置するクルクル回すタイプのコンポスター(Dual Compartment Tumbling Composter)。

Composter3

約$100と想定していた予算の約半分。

喜びもつかの間、どうやら自分で組み立てるDIY式なので安かったようです。

組み立て担当はわたし。夫は助手。

ああだこうだと口論しながら約1時間半かけてなんとか完成しました。

2つの部屋に分かれています。

Composter4

堆肥の作り方がよく分からないのでこのあたりは夫任せ。

どうやら肉類やケーキ・パン類、乳製品は入れてはいけないみたいです。

Composter5

コンポスター導入したのはいいけれど「で?」

念願のコンポスターを導入したのはいいけれど「で?どうするの?」という話。

問題はできた堆肥をどうするか?どう使うか?です。

堆肥を活用しなければコンポスターを導入した意味がありません。

生ゴミ堆肥化なんて偉そうなこと言っているけれどわたしはガーデニングが嫌いです。

嫌いというよりも全く興味がない。かなり苦手な分野です。

新たな目標~年内ガーデニングデビュー

なんだか薄っぺらい&浅い自分にやや自己嫌悪。

  • 水をあげていたのに死なせてしまった植物がたくさんある
  • きっとまた植物を死なせてしまう
  • 植物を育てるなんて難しすぎて自分にはできない

こんな感じでいつしか苦手意識を持つようになり、嫌いになり、興味を失ったのだと思います。

そんなわけで年内(来年くらいでもいいか)にでも人生初ガーデニングデビューを目指します。

スポンサーリンク

シェアとても嬉しいです